たかが「トースト」。されど「トースト」。

ISUZU presents 檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。
今日は、「トースト」についてのお話でした。

朝ごはんの定番メニューのひとつ、トースト。ここ最近、「トーストをより美味しく食べたい!」という思いが、世の中で盛りあっているようで、トーストをめぐる、いろんな商品が注目されています。

たとえば、トースター。厚切りのパンも、冷凍したパンも、コースを選択してスタートすれば、自動で美味しく焼いてくれて、焼き色も好みで変えられる……そんな高機能のオーブントースターが、各家電メーカーから出ています。中には、「高級食パン専門店の推奨つき」というものもあります。

一方で、安価な、ポップアップトースターも、根強い人気があります。レトロなデザインは、インテリアの一部にもなりますし、勢いよく「ポン!」と飛び出すところもいいですよね。トーストが一枚だけ焼ける…というタイプもあって、これは一人暮らしの皆さんに人気です。

さて、いまオーブントースターを使っている方は、こんなグッズを使うだけで、いつものトーストがよりおいしくなるかもしれません…「トースト・スチーマー」。山型食パンのかたちをした小さな陶器で、これを水で濡らして、パンと一緒にオーブントースターに入れると、さくっ、ふわっ、という食感に焼き上がります。料理教室と、生活雑貨のメーカーが、共同開発した商品で、水を含んだトースト・スチーマーから トースター内に蒸気が発生し、パンの水分が保たれるので、外はサクッ、中はふわっとした食感に焼きあがるのだそうです。

また、おいしく焼きあがったあとに使うものもあります。それは、トースト専用のお皿。表面に細かい凹凸がついたデザインになっています。この凹凸が、トーストの蒸気を逃がしてくれるので、表面のサクサク感が長続きするんだそうです。

メーカーによっては、特別な素材で作られているお皿もあります。これは、陶器の表面にある無数の小さな穴が、パンから出る 水蒸気を素早く吸い取り、カリッとした食感を長持ちさせます。

たった一枚のトースト。でも、この一枚で今日一日をはじめると思うと、     自分の理想に近いものを完成させたくなりますよね。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ