【再紹介】53才女性・のりさんの俺の5つ星『保土ヶ谷駅前に来ていた「エビ焼き」』に関する情報を募集中![伊集院光とらじおと内]

伊集院光とらじおと

53才女性・のりさんの俺の5つ星『保土ヶ谷駅前に来ていた「エビ焼き」』

30年ほど前、保土ヶ谷駅西口に、週に1度ほど来ていた移動販売の「エビ焼き」が忘れられません。しかし、「エビ焼き」という名前は、私と母が勝手につけたので、正式な名前はわかりません。「エビ焼き」は、見た目はタコ焼きで、タコのかわりにエビが入っていて、さらにソースも、エビにピッタリなとってもおいしいオレンジ色のソースがかかっていました。そしてえび焼きを作って販売している男性の服装が、イタリアンやフレンチのシェフのような白いコックコートだったので、特に印象に残っています。

しかし引っ越しで保土ヶ谷駅を利用しなくなってからは、エビ焼きを食べることも無くなってしまいました。母と一緒に最寄り駅の保土ヶ谷駅でエビ焼きを買って、「美味しいね」と言いながらふたりで歩いた帰り道を今でも懐かしく思い出します。

インターネットで調べてもなにも情報がなく、私と母が呼んでいた「エビ焼き」らしき食べ物も見つけられません。お店の名前も分からないのですが、なにかご存知の方は教えてください。

53才女性・のりさんの俺の5つ星『保土ヶ谷駅前に来ていた「エビ焼き」』に関する情報を募集中! [投稿フォームへ]

(1度目)2021年1月5日O.A.

(2度目)2022年1月11日O.A.

●パーソナリティー:伊集院光

●アシスタント:竹内香苗

●調査員:ヤーレンズ・出井隼之介、歌手・西田あい

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ