ゆうゆうワイドの年納めは、鎌田實さんと清水寺の森清範貫主のお話しでした

大沢悠里のゆうゆうワイド

12月25日、令和3年最後のゆうゆうワイドは、おなじみ、諏訪中央名誉院長で医師・作家の鎌田實さんをお迎えしました。

コロナ禍で迎える2度目の年末年始です。不安な状態が続く中、鎌田さんに生き方や「孤独」との向き合い方などについてお話しいただきました。大沢悠里の「親友」であり、節目節目にお越しいただく鎌田さん。今回もお聴きの皆さんと同じ目線でのお話しをご披露くださいました。

鎌田先生が主宰し、「イラクの小児がん病院への支援」「小児がん総合支援施設の運営」「シリア難民支援」「福島の子供たちを放射能から守る活動」に役立てられる「ジムネット」のチョコレート募金。2200円の募金で、かわいいイラストが描かれた、北海道の名店「六花亭」のチョコレート4缶セットをお送りします。特製ポストカードのセットも販売中です。さらに、おなじみの輸入食品のお店「KALDI」のコーヒーのセットも1セット550円で販売しています。ともに配送手数料がかかりますのでご了承ください。お申し込み、お問い合わせは、電話:03 6908 8473 までどうぞ。インターネットでは「JIM-NET」で検索してください。

鎌田實さんのご本のお知らせ「ちょうどいい孤独 60代からはソロで生きる」は、かんき出版から定価:1540円で好評販売中です。お近くの書店、かんき出版のホームページ、インターネットの書籍販売サイトでお買い求めください。

そして午後4時台には、こちらも年の瀬のゆうゆうワイドでおなじみ、世界遺産 京都・清水寺の森清範貫主にお話しを伺いました。毎年12月「今年の漢字」を清水寺の「清水の舞台」で揮毫されている森さん。ゆうゆうワイドが、清水の舞台から全面生中継したのが18年前の平成15年(2003年)。それ以来、お付き合いが続いています。森さんに、一年を振り返っていただき、「金」が選出された「今年の漢字」への思いや、混迷の今を生きるヒントなどをお伺いました。

今年もゆうゆうワイドをお聴きくださり、ありがとうございました。来る令和4年も、皆様に可愛がっていただける番組をお届け出来るよう、一生懸命、頑張ってまいります。引き続き、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。この年末年始は、全国的に厳しい寒さが予想されています。ご自愛いただき、よいお年をお迎えください。

元日は特別番組のため、ゆうゆうワイドはお休みです。新年最初の放送は、1月8日・土曜日の午後3時からです。皆さんから、年末年始の出来事を寄せていただけましたら幸いです。8日の番組でご紹介します。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ