45才男性・のさださんの俺の5つ星『栃木高校の前にあった駄菓子屋さんの豚汁』に関する情報を募集中!

伊集院光とらじおと

45才男性・のさださんの俺の5つ星『栃木高校の前にあった駄菓子屋さんの豚汁』

1992年から3年間、栃木県立栃木高校という男子校に通っていた頃、校門を出てすぐのところに、栃木高校の生徒が「みどりや」と呼んでいた駄菓子屋さんがありました。駄菓子屋さんなのに、おばちゃん手作りの料理がたくさんあり、串にジャガイモが4つくらい刺さった「イモフライ」が60円、しっかりと煮込まれたおでんが「30円」、100円単位で注文して量を増やすことができる焼きそばは、200円分も頼むとお腹いっぱいになるほどボリュームがありました。
そんな「みどりや」のおばちゃんが作った料理の中で、特に私が好きだったのが豚汁です。大きな鍋で煮込んだ豚汁には具がたっぷり入っていて、冬の寒い季節に食べると、しっかりと味が染み込んだ根菜類が最高でした。放課後夜9時まで学校に残って勉強する時には、「みどりや」で夕食を食べて受験勉強に励んだので、無事大学に合格できたのも「みどりや」のおばちゃんのおかげだと思っています。
しかし、久々に母校を訪ねた5年ほど前、校門のそばに「みどりや」はなく、更地になっていました。「みどりや」の豚汁ももちろん食べたいのですが、おばちゃんが元気にしていることだけでも知りたいです。なにかご存知の方は教えてください。

45才男性・のさださんの俺の5つ星「栃木高校の前にあった駄菓子屋さんの豚汁」に関する情報を募集中

2022年1月4日O.A.

●パーソナリティー:伊集院光

●アシスタント:竹内香苗

●調査員:女優・大原梓

 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ