「江戸ぐらし」。1月1日(土)は、江戸の『すごろく』について!

明日へのエール~ことばにのせて~

毎月1回、時代小説家で江戸料理・文化研究家の車浮代さんをお迎えして、江戸の人々の暮らしの知恵や楽しみ方を伺う「江戸ぐらし」。

1月は、江戸の「双六」について。正月の遊びとして楽しまれていた「すごろく」。最初はサイコロの目によって順番にコマを進めるものでしたが、だんだんとゲーム要素が増えていったようです。「すごろく」の発展には紙や印刷、出版の発達が影響していて、多くの「すごろく」が残っているおかげで現代でも江戸の風俗がよくわかるんだそうです。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ