陸上とアルペンスキーの2つの競技でパラリンピックに出場!村岡桃佳選手が語る二刀流の難しさとは?! TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと~パラリンピックアルペンスキー日本代表 村岡桃佳選手の巻 その1 二刀流

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。毎週月曜日9時30分頃からは「TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと」をお送りします。東京都のパラスポーツを応援するプロジェクト「TEAN BEYOND」の提供で、パラスポーツについて色々取り上げていくコーナーです。
出演は伊集院光、TBSアナウンサー喜入友浩。

 

▼陸上とアルペンスキーの2つの競技で活動する村岡桃佳選手! 

今回のゲストは、東京2020パラリンピックに陸上競技に出場し、2022年北京パラリンピックにもアルペンスキーで代表に内定している村岡桃佳選手です。

 

 


 

▼陸上でパラリンピックに出場… 

村岡選手は陸上とアルペンスキーで夏季・冬季パラリンピックに出場する二刀流。東京2020パラリンピックでは、T54車いす100mに出場し決勝で6位を記録。陸上を始めた最初は「なんで夏季競技を始めたのか…」と思うくらい辛かったそうです。
陸上とアルペンスキーでは、体の使い方が違うことが難しかったとのこと。アルペンスキーでは出てるスピードをいかにコントロールするかが大事だが、陸上の場合はゼロの状態からいかにスピードを出すかに取り組みます。スピードが求められるとはいえ競技特性の違いは考えていた以上に難しかったそうです。

 
▼パラリンピックのアルペンスキーは…

アルペンスキーにはカテゴリーがあります・立位・座位・視覚障害の3つ。村岡選手は座位(シッティング)、LW10-2という障害が重めのクラスで出場しているとのこと。基本的に座位は障害の程度に関わらず同種目で争う「計算タイム制」が導入されていて、障害の重い選手の実際のゴールタイムが遅かったとしても係数で計算することによって平等に争うことができるそうです。アルペンスキーで使用するチェアスキーは選手によって座る部分など各部品にこだわることができるそうです。村岡選手もチェアスキーへのこだわりがあるものの、自分のチェアスキーに慣れる時間を重要視しているとのことです。


▼2022年北京パラリンピックについては…

北京パラリンピックに向けて気になることをうかがうと、村岡選手は「美味しいご飯出るかな?」と意外な返答。現地に行かないと分からないことが沢山あり「肉体的にも精神的にもハードなスケジュールをこなすことを考えると、”食事”というのは非常に大事な要素」だと収録中、1番の笑顔で語ってくれました。
 

 

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ