瀧口雅仁さんと辿る、昭和の名司会者列伝!

サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし

今回は「昭和の名司会者」と題してお送りします。

年末年始といえば、ラジオもテレビも特別番組が放送されますよね。華やかな音楽番組も数多くあります。「輝く!日本レコード大賞」「NHK紅白歌合戦」「年忘れにっぽんの歌」など、歌謡界の一年を振り返る番組に加え、かつては「新春スターかくし芸大会」などの大型番組もありました。それらの番組には、決まって、その番組の「顔」ともいえる司会者の存在があります。

宮崎美子さんにとっての思い出に残っている司会者は「高橋圭三さん」とのことです。レコード大賞での穏やかな表情や耳通りの良いお声、懐かしいですね。さらに、紅白歌合戦の司会で知られる「宮田輝さん」も思い出しますね。石澤さんにとっては、NHKはもちろん、大学の先輩でもあります。

お聴きの皆さんも、それぞれ、大好きだった司会者の方がいらっしゃることでしょう。今回は「昭和の名司会者」というテーマで、懐かしい音声もお聴きいただきながらお届けしてまいります。スタジオにお迎えする指南役は、演芸評論家・演芸研究家の瀧口雅仁さんです。

番組は、放送終了後から一週間、「radiko」のタイムフリーでお聴きいただけます。下記のバナーをクリックしてください!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ