こども達に本を贈る「ブックサンタ」

ISUZU presents 檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、あなたの思いを、サンタさんに託しませんか?…というお話でした。

「ブックサンタ」
もしかすると、皆さんも本屋さんで、ポスターをご覧になったことがあるかもしれませんね。全国のNPOと書店が連携したプロジェクトで、2017年にスタートしました。これは、経済的に苦しい家庭、災害の被災地、病気の治療中など、さまざまな事情で、困難な状況にある全国の子どもたちに、本を届けましょう、というものです。

参加のしかたは簡単です。
プロジェクトの参加書店で、子どもたちに贈りたい本を選び、レジでお会計をするときに、「ブックサンタに参加します」と言うだけ。すると、あなたが選んだ本が、NPO法人チャリティーサンタを通じて、サンタさんに託され、子どもたちのもとに届けられます。また、本屋さんに行かなくても、オンラインで参加することもできます。

サンタさんから、直接、本を手渡されて、びっくりするお子さん、大喜びするお子さん、緊張しちゃったお子さんなど、毎年、各地からいろんな報告が届いているそうです。

このプロジェクトのいいところは、贈る本を選べるところ。
「この絵本、子どものころ大好きだったなぁ」とか、「こんな本だったら、子どもたちが喜んでくれそう」など、考えて選んでいる時間も、楽しめそうです。

それに、こんなお楽しみもあるんです。
ブックサンタに参加すると、お礼の「ステッカー」と「サンクスレター」がもらえます。

サンクスレターには、限定URLが記載されていて、クリスマスが過ぎた頃に、サイトにアクセスしますと、本を受け取った子どもたちの感想を見ることができます。本の感想を通じて、子どもたちと繋がれるというのも、ステキですよね。

参加受付の締め切りは、12月24日。
しかし、目標・6万冊に達した場合は、前倒して受付を終了するとのことです。

あなたが選んだ本を、サンタさんに託したい方は、ぜひ、「ブックサンタ」のホームページで詳細をチェックして下さいね。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ