【2021/11/28】YouTuberの平岡雄太さんが次に乗るのは、e-bike?もう1台ミニベロ?

自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信するTBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時) 今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

先週に引き続き、YouTuberで「株式会社ドリップ」の代表・平岡雄太さんをお迎えしました。

平岡さんの相棒はホールディングバイクの有名ブランド、ブロンプトン。 それ以前はロードバイクを愛用していたそうです。「大学やバイト先に通うなら格好いい自転車がいいな」という理由からロードを選択。社会人になってからも乗っていたそうで、当時お勤めになっていたヤフーなどが開催したツール・ド・東北にも参加したことがあるそうです。「過酷だったけど今思えば楽しい思い出」と回想。

その後、空白期間を経て、石井さんをはじめとするTwitterのフォロワーの勧めでミニベロを購入され、サイクルライフを再開されました。小径なのであまり進めないイメージでしたが、お店で試乗してみるとそんなことはなく、「いい自転車だな」と感じたのだとか。「ブロンプトンはいい自転車に違いないけど、直立姿勢で乗るのでどうしても風を受けやすい」と疋田さん。

かえってそれがいい方向に出たエピソードを石井さんが披露してくれました。ブロンプトンで友人たちと島根県に輪行。風があまりに強く、予定の半分も走らないうちに畳んで公共交通を使う展開になったそうです。そのときに乗った電車が「ばたでん」の愛称で知られる一畑電車。結果的に風情あるローカル線に乗ることができ、すぐに畳めるところがミニベロの魅力と話されていました。

そして、平岡さんは最近、「もう一台ほしい」という思いが高まっているそうです。「複数台持ったときの管理法はどうされているのですか?」という質問に、「ボクはホールディングバイク一辺倒。三段のアルミラックを使い、うまくスペースを作れば思いのほか多くのミニベロを室内に置くことができますよ」と石井さん。

一方、疋田さんは「わたしは苦労し始めている」と回答。ロードを含めて8台所有されているそうですが、納戸のような場所、ベランダ、地下の駐輪場に分散させているそうです。 平岡さんは最新のガジェット好きなので、スマホでロックなどができるタイプのe-bikeに興味があるそうです。詳しくは音声でお楽しみください。

番組ではメールを募集中です。 自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、 サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、 自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、 「忘れられない愛車の思い出」などなど。 cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ