代替肉、プラントベースミルク…どうなる?未来の食卓

アシタノカレッジ

今日のクラスは「アシタノたべる学部~どうなる?未来の食卓~」。
講師に(株)グッドテーブルズの 市村敏伸さんをお迎えしました。

市村さんは、一橋大学法学部在学中で、多摩大学ルール形成戦略研究所にて客員研究員もされています。

さらに持続可能な食料システムのあり方について関心を持ち、現在、欧米での食や農業の動向をまとめたコラムをWebメディア「エシカルはおいしい!!」にて「週刊エシカルフードニュース」と題して執筆されています。

「代替肉」に関してはご存知の方も多いかと思いますが、「代替魚」もアメリカでは進んでいるのだそうです。

そして後半は「プラントベースミルク」についても伺いました。
「プラントベースミルク」とは牛乳の代わりになる植物性ミルクのこと。
最近はスーパーやコンビニでも見かけることが増えたのではないのでしょうか?

本日はモグモグタイムならぬゴクゴクタイム!
様々な「プラントベースミルク」を飲み比べしました。

「プラントベースミルク」は美味しいけれど甘いものもあるので「牛乳」の代わりにはならないというお話も。

今回ご紹介頂いたエシカル食品。正直全てが地球に良いというわけではありません。
そうなっていくと一体何が本当に地球に良いの?と思ってしまいますが「日本は日本でエシカルの形がある」と市村さんは言います。

現在はどうしても代替肉の話ばかり耳にしますが、日本の一人当たりの肉の消費量はアメリカの約半分。
一方で日本人の主食であるお米の生産に関して水田からメタンが排出されてしまうという問題もあるのです。

「エシカル」と言っても国によってそれぞれの課題があるのでバランスが大切になっていくということが話されました。

★News & Calling

本日は澤田大樹記者と…武田砂鉄さんもサプライズで登場!

「プラントベースミルク」を飲みながら「ラジオ」について語りました。

澤田記者のファースト著書『ラジオ報道の現場から 声を上げる、声を届ける』が明日11月25日に出版されます!

みなさん是非手に取ってみてください!

 

YouTubeのアーカイブはこちら!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ