パラ陸上・大島健吾選手「義足の可能性を証明したい」 TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと~T64クラスのスプリンター・大島健吾の巻 陸上リレー・200mとさらなる高みへ

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。毎週月曜日9時30分頃からは「TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと」をお送りします。東京都のパラスポーツを応援するプロジェクト「TEAN BEYOND」の提供で、パラスポーツについて色々取り上げていくコーナーです。
出演は伊集院光、TBSアナウンサー喜入友浩。

 

ゲストは、東京2020パラリンピック 

男子陸上T64クラス日本代表の大島健吾選手さん

今回のゲストは、前回に引き続き、東京2020パラリンピック 男子陸上T64クラス日本代表の大島健吾選手。

 

東京2020パラリンピック ユニバーサルリレーについて…

障害の種類などで様々なクラス分けがされているパラ陸上ですが、様々なクラスの選手がチームで走るユニバーサルリレーに出場した大島選手。予選は4位という結果で決勝進出。決勝は一度4位となるが、中国の失格により3位となり見事、銅メダルを獲得。この結果に大島選手は「個々の力の差を感じた。ゴール直後は3位に入ったと思っていたが結果は4位。落ち込んだけど後から中国の失格が分かり3位入りできた。他チームの失格で銅メダルを獲るというのはカッコ悪いなという気持ちもあったけど、考えられないくらい多くの人に関わってもらった中で、メダルはなんとしても持ち帰りたかった」と話してくれました。

 

T64クラス・200mについて…

200mの決勝戦に出場した大島選手。現地で見ていた喜入アナウンサーは「ファイナリストに日本人選手がいることの感動が凄かったです。大島選手来たー!と大興奮しました!」と興奮して話す中、大島選手は「あんまりでしたね…」と対照的な反応。その理由として大島選手は「200mも繰り上がって決勝進出になった。このままでは勝てないなと感じて直前に義足の調整するという異例の対応をして功を奏した。でもまだ記録は更新できる気がする。100mと200mで義足を変えたほうが良いのかもしれない」と記録更新のための意欲を話してくれました。

 

今後の目標について…

今後の夢や野望をうかがうと、大島選手は「色々できるんだぞ、ということを証明したい」「陸上に関しては一般の日本選手権に出場するのが最終的な目標。それに向かって一歩一歩やっていって、絶対できるんだぞというのを証明したい。自分を信じてやっていけば問題ないと思う」「自分は凄く運が良くて、めちゃくちゃ神に愛されていると思って陸上とか普段の生活をしているので、証明のために生きていると思う」「障害を障害だと思っていない。自分がパラ陸上をやっているのは自分が足があった時より超えられると思っている」とさわやかな笑顔で話してくれました。

 

 

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ