【とにかく壁紙の話】先取り壁紙マスター:リリカラ その2

赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび

「金曜たまむすび」内、14時30頃から放送している「ヤヨイ化学presentsとにかく壁紙の話」。今回も壁紙メーカーさんに最新・オススメの壁紙について聞く「先取り壁紙マスター」。より快適に、より癒しの空間を目指して日々、進化している壁紙について、インテリアメーカー「リリカラ株式会社」の常務、北村和久さんにお話を伺います。

リリカラでは様々な壁紙を取り揃えている中、抗ウイルス壁紙「ウイルスアーマー」という何とも強そうなネーミングのものがあるそうですね?

壁紙の表面に抗ウイルス剤をコーティングした商品です。鎧をまとってウイルスに対抗するといった意味合いで名付けました。ウイルスアーマーはコーティング層に付着したウイルス表面のタンパク質を変質させ、ウイルスの数を現象させます。無加工品の壁紙を比較すると、一日で99%以上のウイルスの数を減らすことが出来ます。(北村さん)

ただ…、それほど抑制効果があるということは、皮膚などへの刺激性も強いのでしょうか?

ご安心下さい!ウイルスアーマーは抗菌製品技術協議会のSIAAマークを取得しています。抗ウイルスの高い性能と商品の安全性が認められています。(北村さん)

一方、「フリース壁紙」というものも世に送り出しています。こちらは暖かくなるわけじゃないんですよね?(笑)

冬のお部屋が暖かくなる壁紙だと良いんですけど…(笑)残念ながらそうではありません。フリース壁紙とは不織布を壁紙の裏打ち紙として使っている壁紙のことを言います。不織布は糊の水分の浸透が少ないため、施工後にジョイント部分がキレイな仕上がりになることが期待出来ます。そして貼り替えの時にはキレイに剥がれるということ。何度でも新築と同じキレイな下地に施工することができ、凹凸の無いキレイな仕上がりになります。(北村さん)


※写真左の壁紙は裏打ち紙がボードに残ってしまっていますが、写真右のフリース壁紙は裏打ち紙が残らず、キレイに剥がれています!

ペットと暮らしているかたも多い中、お助けとなる壁紙があると伺いましたが?

今の暮らしではワンちゃん、ネコちゃんは家族の一員ですからショールームにご来場頂くお客様からもとても人気があります。特徴は表面の強度が一般の壁紙に比べ50倍も強く傷つきにくいと言うことと、汚れを拭き取りやすくするために透明なフィルムが貼ってあるということです。(北村さん)

50倍とは凄いですね!タバコなどのニオイにも効果があるんですって?そんなことあります?

ニオイだけでなく、タバコのヤニはタールという粒子状の成分ですけど、この粒子が壁紙に付着してニオイが付きます。これらが付着しにくいという特徴も持っています。(北村さん)

ニオイで言うと、壁紙の表面に消臭剤入りの汚れを防ぐためのフィルムがラミネートされたものもあるそうですね?

はい、ダブルクリーンという商品があります。フィルムの中に消臭剤を練り込んだ商品で、タバコや生ゴミ、ペットなどのニオイを消し去ってくれます。(北村さん)

…無敵ですね(笑)ただそんな壁紙もひび割れたり寄れたりすることがありますよね。そんな時にオススメの壁紙があるそうですが?

耐クラック壁紙があります。特殊配合の樹脂を使っていますので表面が伸びて下地の動きに追随し軽微なひび割れをカバーする壁紙です。建物が揺れると下地のボードの継ぎ目などに歪みが生じ、ひび割れが表面に発生します。このクラック現象を伸びた壁紙がカバーし、美観を保たせてくれます。表面の樹脂が下地のひびを抑えてくれ、表面に出てこないというそうな性能です。(北村さん)

まさに創業114年!を超える老舗企業だけあってこだわりの商品が想像以上でした。北村さん!リリカラ製品でまた新しいものが出来ましたら教えて下さい!

『壁紙川柳』や『壁紙にまつわる疑問・質問』なども引き続き募集しています!
宛先:kabegami@tbs.co.jp

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ