元プロボクサーの井上浩樹さん、テイルズのルーティーカトレットが好きすぎてやっていた珍プレーとは?

プレイステーション presents ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

PlayStation®初の公式ラジオ番組として、2016年4月からレギュラー放送しているプレイステーション presents『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』(毎週木曜日 夜9時~)。

寝食を忘れてゲームにのめり込むほどのゲーム好きで知られるライムスターの宇多丸と、ゲームをこよなく愛する著名人をゲストにお招きし、「人生におけるゲームとの出会い」や「あのゲームとの思い出」「今オススメのゲーム」など、ゲームについて楽しく熱く語り合うトーク番組です。

第241回:元プロボクサーの井上浩樹さん前編

■ヒロインが好きすぎて2人きりになりたい

「マイゲーム・マイライフ」のゲストに元プロボクサーの井上浩樹さんがやってきました。大橋ボクシングジム所属のボクサーで、第41代・日本スーパーライト級王者、元WBOアジアパシフィックスーパーライト級王者、と華々しい経歴を誇ります。が、ご本人の中ではボクシングは「ただの仕事」。アニメやマンガ、ゲームが大好きなド級のオタクだそうです。
高校時代は『けいおん!』のりっちゃんが髪の毛をおろすシーンを見て、「これが田井中律か……」と衝撃を受け、すぐさま軽音部に入部したのだとか。なんだそれ(褒めてる)。
そんな井上さんが、テイルズのヒロインに恋をしたときの話。


井上「テイルズオブディスティニーという作品の、ヒロインのルーティーカトレットっていう、黒髪のショートカットの子がいるんですけど、その子に一目ぼれしてしまいまして

 

宇多丸「幼き日から」

 

 井上「小学三年生くらいのときの出会いだと思うんですけど。もうそのときに、主人公を僕は使って、ヒロインだけを守って」

 

 


 

宇多丸「ふふ」

 

 井上「4人パーティーなんですけど」

 

 宇多丸「ほかのキャラはそんなに(笑)」

 

 井上「ほかのキャラをわざと前に出して、攻撃を食らわせまくって、瀕死状態にして、で、2人で旅を」

 

 宇多丸「ははははははは! 2人っきり! はははははは! ヤバいね(笑)」

 

 井上「っていうことを、小学三年生か四年生くらいのときに」

 

 宇多丸「うわ~~~~、かわいいし、気持ちはわかる。いいなぁ~~~」

 

 井上「ははははは」

 

 宇多丸「2人になりたかったってね」

 

 井上「そうですね」

 

 宇多丸「すごい(笑)。これちなみに、お兄さんとか、横から見てて『お前なんか変なことしてない?』ってならなかったんですか?」

 

 井上「買ってから、一年後か二年後くらいには一人でやっててもいいってことで、データを新しく作って、やってていいよって言われたときに」
 

宇多丸「(お兄さんとの)共有じゃないからもはや」

 

 井上「そのときに一人で」

 

 宇多丸「一人で。こっそり恋心を」

 

 井上「こっそり。ほかのパーティーを瀕死の状態にさせて」

 

 宇多丸「ふふふふ」

 

 井上「2人だけの旅を楽しんでました」

 

 宇多丸「すごいね。そういうゲームじゃないのに恋愛シミュレーションみたいにして遊んでる。邪魔者を排除して」

 

 

うわー、面白い。そんなプレイの仕方があるんですね。自分にもそういうのないかと思い出してみたのですが、ドラクエ6でミレーユを気に入っていた結果、二周目をやる際に主人公の名前をミレーユにしたことがありました。ただ、ゲームを進めると当然本物のミレーユも仲間になるわけで、ややこしくてゲームの進行の妨げになってしまい、結局データを消してやり直したのでした……。私の「好き」はその程度の、ゲームの進行を優先させる程度の「好き」だったようです。

 

■今回のピックアップ・フレーズ

(いつも優しい兄だけど、ゲームに負けると……)

井上「(自分のほうが兄よりもゲームが)上手くなってきて、あ、買っちゃった……ってなったら、当時タイタニックのVHS、結構デカめの、2本セットの、あれを思いっきりドアに無言で投げつけて、ドアに穴があいて、ヤバいと思って、そのまますぐキャラクター選択して、負ける作業に……」

宇多丸「えぇ~! それは恐い(笑)」

井上「(自分が)負けたら、納得してくれて、学校に行って」

宇多丸「忖度プレイですね、完全にね。(中略)すごいなぁ~……。僕、ひとりっ子なので、きょうだいのつばぜり合いの話は、羨ましくも、羨ましくねぇな、って(笑)」

井上「ははははは」

 

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ