パラ陸上・大島健吾選手が登場! 東京2020パラリンピックを振り返る TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと~T64クラスのスプリンター・大島健吾の巻 陸上100m編

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。毎週月曜日9時30分頃からは「TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと」をお送りします。東京都のパラスポーツを応援するプロジェクト「TEAN BEYOND」の提供で、パラスポーツについて色々取り上げていくコーナーです。
出演は伊集院光、TBSアナウンサー喜入友浩。

 

ゲストは、東京2020パラリンピック 男子陸上T64クラス日本代表の大島健吾選手さん

今回のゲストは、東京2020パラリンピック 男子陸上T64クラス日本代表の大島健吾選手。

 

今回の東京2020パラリンピックについて…

大島選手に東京2020パラリンピックを振り返って頂いたところ「今回の結果は悔しいものになったが東京2020パラリンピックは次に進むためのトランポリンのような大会だった。多くのものを得て帰ってこれた。もっと強くなれると思う」と強く語ってくれました。
 

T64クラス・100mについて

様々な種目にされていた中でまずは100mについてうかがいました。大島選手は「直前の大会で良いタイムで走れていたが、ちょっと欲をかいてしまった。体のコンディションは良かったが、義足の調整を失敗した」「今後は義足などの調整をして、良い期間をしっかり区切ろうと思った」と話しました。
 世界のトップクラスの選手についてうかがうと「義足をうまく使っているなと思った。ジョニー・ピーコック選手はアップの時からとんでもないと思った。陸上の走る技術ももちろんだけど、それに加えて義足を使った走り方の技術がある」とパラ陸上独特の観点から話してくれました。
また、100mで決勝に進出できなかった結果に落ち込んだという大島選手。「2日間から1日半はしっかり凹もうと思った。そこから次につなげるために気持ちを切り替えた。悔しい気持ちにしっかり向き合うことも大事」と大島選手の取り組み方を話してくれました。
 

 

 

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ