「横に人を座らせないで!」というお客さんも。ホストの愚痴

宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど

宮藤官九郎さんがいろいろな職業の愚痴を聞くラジオ「宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど」。11月5日の放送は、ホストの愚痴!

歌舞伎町のお店のプロデューサーをしているNARUSEさん。ホスト歴20年!

歌舞伎町のヴェルサイユ宮殿から来た宮野真守さん。お店の幹部補佐。今も、本家の宮野真守さんからは、何も言われていないそうです。

宮藤:ヴェルサイユ宮殿から!何線で来ました?

宮野:えっと…千代田線…

宮藤:ヴェルサイユ宮殿から、千代田線で来ていただきました!ありがとうございます!ほんと、待ってましたよ。

NARUSE:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、自粛期間で、グループでいえば億単位の赤字がありました。

宮藤:営業は休んでいたんですか?

NARUSE:2か月自粛で、そこから社会の移り変わりに沿って営業していました。

宮藤:キツイ勝負ですね。

NARUSE:ニュースの反響は大きいですね。

宮野:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、会えないままの2年間で、お客さんがかなり離れました。

宮藤:どんな感じで連絡してたんですか?

宮野:お互いに、これがどれくらい続くのかわからなかったので、最初の方は、頻繁に連絡とれたんですが、こちらがマメに連絡しても、「お店に行けないのに、連絡してもらうのが申し訳ないから、大丈夫だよ」と気を遣われたりとか。

NARUSE:来なくなった人はかなりいて、来ている方でも、大企業の肩書があったり、会社経営している人もいるので、もしそれでコロナになって従業員に迷惑がかかったり、世間体…歌舞伎町でうつったなんて、打撃になってしまうと思うので、そういう方は特に来られなくなりました。

宮藤:お金をいっぱい使う人が…ってことですよね。

宮野:自分の売上の数字は1/3まで下がったんですが、ホストっていろんな営業スタイルがあって、疑似恋愛を絡める人もいるけど、自分のスタイルは、ホストに慣れていない初めてのお客さんや、逆に、遊びとおして落ち着いたマダム系のお客様が。

宮藤:そんなガツガツ来なくていい!っていう。お寿司でいうとアナゴみたいな感じかな?1回落ち着くよね、アナゴ。

NARUSE:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、横に人を座らせないで!というお客様もいらっしゃいました。

宮藤:えぇ!来てるのに!?

コロナ禍特有の愚痴、普段のお仕事の愚痴を伺いつつ、終盤は「ホスト万葉集」が好きすぎる宮藤さんが、2人に短歌を詠ませまくる展開に。このニッコニコ。radikoの他、Amazonオーディブルでロングロングバージョンが聴けます!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ