「私の好きなあんこ」

森本毅郎 スタンバイ!

今日は甘~いお話です。

京都の老舗和菓子屋さんが羊かんをスライスして売ったところ、売り上げが1000倍に!スゴイですよね。この和菓子屋さん(亀屋良長というお店です)は創業200年以上。こちらのお店では、年間で50本しか練り羊かんが売れていなかったそうですが、この「スライスようかん」は年間15万袋の大ヒット商品に。そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時30分過ぎからは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、2021年11月5日(金)は、「あんこ」に注目!「私の好きなあんこ」を聞いてきました。

 

★あんこ!あんこ!!あんこ!!!

●「大福と団子、あとどら焼きですかね。粒かこしってことですか?あんこは全部好きです。」

●「たい焼きが好きかもしれないです。絶対つぶあん、これブレないです。あんこは粒でしょ!」

●「羊かんが好きです。私は佐賀から来ました。佐賀は小城羊羹というのがあります。」

●「おはぎ。最近お気に入りのおはぎ屋さんを見つけまして、普通のお米の周りに粒あんが付いてるんですけど、あんこよりもお米が美味いんですよ。あんこが甘すぎず、お米のうま味も引き立たせるところにハマってます。」

●「ぜんざいですね。ぜんざいの餡。しかも粒あん。一番小豆の味が出るんじゃないですか。」

●「岡山の大手まんぢゅう。あんこが中心にあってスゴイ薄皮でくるまれているんですけど、メチャクチャ美味しいと思います。お土産で持って帰ったら大体みんな喜びますし、冷凍しておいて後でトースターで焼いても美味い。嫁さんも大好きです。娘も大好きです。」

色んな「あんこ」が出てきました!

饅頭あり、大福あり、お団子あり、どら焼きあり、たい焼きあり、羊かんあり、おはぎあり、ぜんざいあり!!ぜんざいと答えた方は九州の人で、お餅と粒あんとサツマイモが入っている、とのことでした。皆さん、あんこが好きですね!(毅郎さんもあんこ好き!特にあんぱん好きです!!)

そして、皆さん、「粒あん」好き。あんこは粒でしょ!という人が多かったです。

 

★小倉あん、自分で作るの。美味しいよ~!

中には、こんな方もいました。

●「小倉あん。こしあんじゃなくて小倉あんが一番美味しいの。

ザラメで煮詰めて、それであんこを作った小倉あんというのは特殊な味がしてさ、それで緑茶で疲れ直しで1杯。

(お作りになる?)自分で作る。ゆっくり煮込んでさ、ジクジクして、小豆の良さっていうのを崩さないようにさ、もうあんこは小倉に限る。こしあんより小倉、やっぱ歯ごたえがさ、小豆の良さが出るから味が。

ちょこっと冷蔵庫に冷やしておいて切って、お客さんが来た時に一緒に食べてさ。美味しいよ。あんこ!あんこが一番いいの。余分なもの入れちゃダメ!」

 

ご自身で作っているんですって!しかも「小倉あん」というこだわりよう。ちなみに、「小倉あん」とは、日本あんこ協会によりますと、『大納言など大粒の小豆を使用し、こしあんに混ぜて作ったあんこのこと』だそうです。

確かに大粒の小豆だと歯ごたえがありますよね。しかも、シンプルにあんこだけ食べる!乙なもんですね!さらにそれが、自家製とは!!恐れ入りました!

 

★お茶をやるようになって和菓子好きに!

そして、こういう方もいました。

●「大好き!そうだね、きんつばだな。地元の和菓子屋があるんだけど、俺、横浜なんだけど、そこのきんつばが好きですね。ごくごく普通のきんつばなんだよ。俺はね、粒あんが好きなのよ。だから、きんつばが好きなの。

俺ね、ちょっとお茶をかじってるんだよ。だから、お茶をやるようになってから和菓子が好きになった。大好き。だって、やっぱお茶には必ず和菓子が付きものだから、食べるじゃない。やっぱし、和菓子を食べたあとにお茶を飲むでしょ。それは非常に合うわけよ。それまではどっちかというと、生クリーム派だったけど、変わりました。

やったり、やらなかったりだけど、足掛けやってるのは20年くらいかな。なんちゃって茶人だけど。

いや~、皆さんもね、飲んだほうがいいと思うけど、素晴らしく合いますよ。やっぱり口をまず甘くして、それで多少苦みのあるお茶を飲むっていうのはこれはなかなか粋なもんで、普通のお煎茶を飲むよりはいいと思うわな。」

 

「なんちゃって茶人」とおっしゃってましたが、20年も茶道を続けていらっしゃるんですもの、立派な茶人ですよね!(きんつばと点てたお茶!おいしそう!)

それにしても、皆さん、結構「あんこ好き」なんですね!お酒も好きだけど、甘いものも好きという方が多かったんです。

「あんこ」の甘さで日ごろの疲れを癒しているのかもしれませんね。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ