「100万回死んだねこ」って本、あります?図書館のレファレンスサービスの懐が深すぎる!

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」、10月27日は…「覚え違いタイトルの本でも探してくれる図書館の駆け込み寺『レファレンスサービス』のことをよく知ろう!」


探している本や情報について尋ねると、その本や資料を探してくれる「レファレンス・サービス」。どの図書館でも大抵行なわれているこのサービス、大変ありがたいものなんですが、そのわりにいまいち知られていません。ということで、レファレンス・サービスに実際に寄せられた「オモシロ事例」をまとめた本『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』が発売されたことを記念して、レファレンス・サービスとは一体どういうものなのか?その実例を解説しながら、図書館をもっと身近に感じる特集です。

案内人は、この本の著者名となった「福井県立図書館」に務める司書の宮川陽子さんでした。
 

 

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。
FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp
■番組公式twitter: @after6junction
■Instagram:after6junction
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP
 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ