乙女ゲームが好きすぎる真山りかさん(私立恵比寿中学)、恋愛の曲は全部『薄桜鬼』を思い浮かべて歌っていた

プレイステーション presents ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

PlayStation®初の公式ラジオ番組として、2016年4月からレギュラー放送しているプレイステーション presents『ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ』(毎週木曜日 夜9時~)。

寝食を忘れてゲームにのめり込むほどのゲーム好きで知られるライムスターの宇多丸と、ゲームをこよなく愛する著名人をゲストにお招きし、「人生におけるゲームとの出会い」や「あのゲームとの思い出」「今オススメのゲーム」など、ゲームについて楽しく熱く語り合うトーク番組です。

第237回:私立恵比寿中学の真山りかさん前編

恋愛禁止だから乙女ゲームに走りました

「マイゲーム・マイライフ」のゲストに私立恵比寿中学(エビ中)の真山りかさんがやってきました。

とにかく乙女ゲームが大好きな真山さん。乙女ゲームをやり込みまくっていたことで、ある意味アイドルとしての活動にもプラスになったようで……。

真山「あまりにも(乙女ゲームに)熱中しすぎて、その当時のエビ中の歌で、恋愛要素のある歌は全部『薄桜鬼』を思い浮かべながら歌ってましたね」

 

宇多丸「はははは。ファン的には微妙な気持ちになる(笑)。でも、いいよね。歌の情感的にはプラスですよね。感情が入るとね」

 

真山「やっぱりアイドルなので、あんまり恋愛とか普通にできないので」

 

宇多丸「リアルのはね。あんまり推奨はされない」

 

真山「察しろ、と言われているので、察してた私はこっち(乙女ゲーム)に走りました」 

宇多丸「いいですね。感情だけはリアルに出せるわけだから。アイドルはみんな乙女ゲームでシミュレーションするべきっていう」

 

真山「そうですよ。普通のリアルな恋愛よりももしかしたら要素が多すぎるので、濃い恋愛経験ができるかもしれない」

 

宇多丸「確かに。(リアルな恋愛だと)そんなに死んじゃったりしないもんね。悲劇性まで学べる」

 

確かに、そう言われてみればアイドルとしては合理的なのかもしれません。アイドルの曲はほとんどが恋愛についての曲なのに、恋愛禁止なことが多いのってよく考えたら無茶な要求な気が……。ダイレクトに自分の“体験”として恋愛をできる意味では、恋愛小説や恋愛映画に触れるよりも乙女ゲームのほうが適しているように思います。これには目からウロコでした。


 

■今回のピックアップ・フレーズ

(歴史系の乙女ゲームについて)

 

真山「歴史も学べるので、歴史の点数だけやたらよくなる(笑)」

 

宇多丸「なんで学んだかって、薄桜鬼(笑)。燃えじゃくっていたら勉強にもなりました」
 

 

 

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ