「2.5次元舞台」はどう作る? 演出家・中屋敷法仁に宇多丸が徹底インタビュー。

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」、10月12日は… 「舞台演出家・中屋敷法仁が語る
演劇の可能性を無限大に広げる“2.5次元舞台”のつくりかた 特集」 
 
2.5次元舞台とは、ミュージカル「テニスの王子様」「ハイキュー!!」「弱虫ペダル」「刀剣乱舞」などアニメ・漫画・ゲームの原作の世界観をそのまま再現する舞台のこと。この15年ほどで人気を博し、演劇界の一ジャンルとして認知されてきています。

では、この「2.5次元舞台」、普通の原作付き舞台とでは具体的に演出はどう違うのか?
原作ファンを納得させる2.5次元舞台は、一体どのように作るのか?
「2.5次元舞台」の技術的・実践的な方法論を徹底的に理解する特集です。

ゲストは、高校在学中に発表した『贋作マクベス』で全国高校演劇大会・最優秀 創作脚本賞を受賞、大学在学中に劇団「柿喰う客」を旗上げしたという高校演劇界の大スターであり舞台演出家の中屋敷法仁さんでした!


 TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。 FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。 聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。 
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp 
■番組公式twitter: @after6junction 
■Instagram:after6junction 
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ