次のボンドはどうなる?

LOVE RAINBOW TRAIN

今週はMISIA、ドリアン、ホイみの3人でお届けしました!

7代目ボンドはどうなる?

ダニエル・クレイグが演じるジェームス・ボンドとしてはラストとなる映画「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」が公開されました。気になる次のボンドについて、Q役で出演しているベン・ウィショーは雑誌のインタビューで「ゲイを公表している俳優が演じるのはどうか?」という質問に対して「もちろん見てみたい。ボンドを演じる俳優がセクシャリティを問題にされなというのはワクワクする」と答えたそう。マーベルのヒーロー像も多様化し、バットマンの相棒、ロビンもゲイとして描かれたりと多様化している今、ジェームス・ボンドも新しい形になるかもしれませんね。

MIX TONIGHT supported by SKYY VODKA

今週、楽曲をセレクトしてくれたのは、DJ Ta-shiさん!

80年代からDJをスタートし、1992年にはDMCで日本チャンピオンになり世界大会でも5位に。ジェームス・ブラウンのコンサートでもパフォーマンスを披露するなど世界的に活躍。MISIAのツアーでもDJを担当。

そんなDJ Ta-shiさんがセレクトしてくれたのは・・・

"Rhythm Of The Night" by DeBARGE / 「自然と体が動いてしまう1曲!」

このコーナーでは独自の4回蒸留・3回濾過製法によるクリアでスムースな味わいが特徴でミキサビリティに優れたサンフランシスコ生まれのプレミアムウォッカ「スカイウォッカ」のセット(スカイウォッカ1本/トニックウォーター200ml2本/レシピ)を3名様にプレゼント!ご希望の方はメールでご応募ください。住所・氏名・電話番号・番組の感想などをお書き添えの上、lrt@tbs.co.jp までどうぞ。当選者の発表は発送を持って代えさせていただきます。

RAINBOW NEWS

フィリピン出身のインフルエンサー、ブレットマン・ロックが雑誌「PLAYBOY」のデジタル版の表紙を飾りました。これまでも男性が表紙を飾ったことはあるそうですが、LGBTQ+コミュニティの一員であることをカミングアウトをしている男性としてはブレットマンが史上初なんだそうです。

今回PLAYBOYの表紙を飾ったことについてブレットマンは「LGBTQ+コミュニティとってはもちろん、褐色人種のコミュニティにとっても大きな意味がある。」とコメントしています。雑誌「PLABOY」の表紙というのは、時代時代のアメリカのカルチャーを象徴する存在。単純にセクシャリティで分けられるような時代は大きく変わってきています。今後、どんな人が時代を代表する人物として表紙を飾るのか、注目ですね。

今週のオンエア曲

20:05 ♫:Welcome One / MISIA
20:14 ♫:No Time To Die / Billie Eilish
20:24 ♫:Harmony / 347aidan
20:27 ♫:Time Warp / Little Nell,Patricia Quinn & Richard O’brien
20:34 ♫:Rhythm Of The Night / DeBarge
20:39 ♫:Damage / H.E.R.
20:48 ♫:Reach Inside / Bah Samba
20:53 ♫:好いとっと / MISIA

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ