【2021/10/17】クロスバイクでコーヒースタンドに立ち寄る、LE VELVETSの宮原浩暢さん

自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信するTBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時) 今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

先週に引き続き、ヴォーカルグループ・LE VELVETSの宮原浩暢さんをお迎えしました。

宮原さんが感じる自転車の魅力は「使い勝手の良さ」。 水泳やランニングも趣味なのだそうですが、水泳はプールまで足を運ばないといけないし、ランニングはウィアに着替えたり、シューズを気にしたりしないといけない。 しかし、クロスバイクなら乗ったらすぐ。 日常に運動を気軽に取り入れられるところに良さを感じるそうです。

また、宮原さんは石井さんと同じくコーヒー好き。 石井さんによれば、最近、都内にテイクアウトを前提としたコーヒースタンドが増えているそうで、そういうタイプの店は路地を一本入った場所に多く見かけるそうです。 「自転車でまわるがぴったり」と二人は異口同音に語ります。

そして、宮原さんは生粋のスポーツマンで、水泳でジュニアオリンピックに出たことがあったり、学生時代はスポーツクラブでインストラクターをしていたりというほどの本格派。 実はひそかにトライアスロンに興味をもたれているそうです。 「スイムの1.5km、ランの10kmはクリアできそうですが、バイクの40kmはきついでしょうか?」という質問に、石井さんと疋田さんは首を大きく横に振ります。 「宮原さんのような体力のある方がトライアスロン用バイクを使えば40kmなんて余裕。むしろバイクが一番、体力を温存できる休憩時間になりのでは?」と二人は答えていました。 詳しくは音声でお楽しみください。

番組ではメールを募集中です。 自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、 サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、 自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、 「忘れられない愛車の思い出」などなど。 cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ