らっしゃいらっしゃい!アメ横のお話だよ!!

ISUZU presents 檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、上野の「アメ横」についてのお話でした。

JRの上野駅と御徒町駅の高架下付近に連なるさまざまな「お店」。およそ500メートルに渡る商店街が、通称「アメ横」として知られる「アメヤ横丁」です。

アメ横の魅力は安さであり、おまけであり、値切り交渉であったり…。最盛期の年末には、1日50万人の買い物客があふれたそうで、テレビ中継されることも多かったですよね。近年では、海外から日本へ訪れる人の「観光地」としても大人気。

「アメ横」の成り立ちは戦後まもなくのこと。焼け野原となった上野駅周辺には、たくさんのバラック小屋の店舗が生まれ、物資の不足もあり、あらゆるものが売られていたそうです。中でも人気だったのが、「いもあめ」という、サツマイモが原料の飴。いまでも存在する素朴なお菓子です。

無秩序に乱立したバラック小屋の「闇市」が整理されるようになったのは、終戦から1年経った、1946年。警察からの指導もあり、「アメ横」の元となる「マーケット」が作られ、怪しげな店は淘汰されていきました。

それでも「いもあめ」のお店が100軒近くあったことから、「アメ屋横丁」と呼ばれるようになり、のちに、アメリカ軍の放出物資を売る店が多くなったことから「アメリカ横丁」とも呼ばれるようになりました。その結果、どちらの意味でも通じる「アメ横」が、商店街の正式名称になったと言われています。

現在は、魚介類や乾物などの食品、チョコレートなどのお菓子、衣類、雑貨、宝飾品など、いろんな品物が売られ、400もの店がひしめく「アメ横」。今は大変な時期ですが、活気あふれる「アメ横」に戻る日が早く訪れるといいですね。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ