真・女神転生とは何だったのか? あらためて徹底解説【国産RPGクロニクル】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」、9月30日は…「国産RPGクロニクル<外伝>『真・女神転生』編」!


 日本で独自に発展した国産のロールプレイング・ゲーム、通称「J-RPG」の歴史を語り下ろしていく「ゲーム大河ドラマシリーズ」。これまで「ファイナルファンタジー」「ドラゴンクエスト」という2大タイトルに絞ってきましたが、ついに<外伝>。

「剣と魔法」のファンタジーが主流だったJ-RPG界に鮮烈なカウンターパンチを放った「真・女神転生」 通称「メガテン」シリーズ! 世紀末感溢れる乾いた語り口や、「オカルト」「東京」といったモチーフで「メガテン」シリーズがRPGの世界にもたらしたものは?その歴史的な意義についての解説です。

ボードゲームメーカー「ドロッセルマイヤーズ」代表、渡辺範明さんに伺いました!


 TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。 FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。 聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。 
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp 
■番組公式twitter: @after6junction 
■Instagram:after6junction 
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ