高さ...素材...もう悩まない!枕の選び方

ジェーン・スー 生活は踊る

10月7日(木)の「スーさん、これいいよ!」は、スリープトレーナーのヒラノマリさんに「正しい枕選びのポイント」を伺いました。

ヒラノさんは・・・

  • 大学卒業後、某大手インテリア会社に入社し全国寝具売り上げランキング8位を達成し、学生から80歳代のお客様のベッドや寝室全体のコンサルティングを経験。
  • 2017年より、『スポーツ×睡眠』をコンセプトにした日本で唯一のアスリート専門の睡眠のパーソナルトレーナー『スリープトレーナー』として活動をはじめ、プロ野球選手、Jリーガー、五輪代表選手など、多くのプロアスリートを担当し、口コミで大好評!
  • 東京オリンピック卓球女子団体で銀メダルを獲得した卓球女子日本代表の平野美宇選手の睡眠もサポート中!

高さ選びには“バスタオル”を使うべし!

自分の頭の形や合う高さをチェックする時にバスタオルが役立ちます。方法は・・・

バスタオルを折って枕のように形作り、自分の頭の下に入れて寝ている姿勢になるだけ!
バスタオルの高さを調整するポイントは2つ。

  • 1つ目:立ち姿のまま横になれているか

「立ち姿」とは一番自然に背骨の緩やかなS字ラインを保てる姿勢に。そもそも人間の身体は真っ直ぐではありません。背骨の緩やかなS字ラインが保てていないと、腰痛や呼吸に悪影響を与えてしまい、睡眠が浅くなってしまったり、体調不良の原因になることも。

  • 2つ目:顔が5度前後の傾斜になっているか

S字ラインを保った姿勢で眠ることができるかが、枕の高さ選びの重要なポイント。その状態に加え、顔が「5度前後の頃斜」になるよう心がけましょう。これも気道を圧迫せずに、自然に呼吸を行うための大切なポイント!「バスタオル枕」のよい点は、今使っているマットレスを基準にした自分に合う高さを発見できるところ。

追加ポイント!

✔︎高さを確認するときは、横からご家族の方にチェックしてもらうのがおすすめ。

✔︎ひとりでチェックする場合はスマホをテーブルに置き、カメラを使って、チェックしても◎

✔︎横向きで寝る方は、仰向けでチェックしてから横向きになり、頬のあたりの高さを調節して背骨のラインを整えましょう。今使用している枕の中にハンドタオルなどを入れ込んで高さを調節しても◎

 

素材選びは“通気性の良さ”に着目すべし!!
 

忙しい人は特に寝る直前まで仕事していると脳の温度が高くて、眠りにくくなってしまいガチ。これから冬を迎えても、頭は涼しい状態にした方が、よく眠るように!枕選びは「頭スースー」で覚えましょう。

羽毛、高反発ファイバー、あとはコルマ素材というなかが空洞になった直径1cm程度のプラスチックボールに、2つの大きな穴が空いた形状の素材も通気性が良いので、おすすめ。 

 

枕のお悩みQ&A

Q. 猫背で自分に合った枕が見つけられません...。
低すぎたり高すぎたりするのも良くありません。枕だけではなくて、マットレスとの相性も重要です。

Q.いびきが気になる・・・枕で改善されますか?
仰向けになっていると出やすいの為、抱き枕がオススメです。横向き寝になるので、いびきをかきにくくなりますよ!

 

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~木の11:00~13:00生放送。

FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマートフォンはradiko でも。 
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウド や、radikoタイムフリーで聴けます。

■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp(読まれたらステッカー等進呈) 
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等) 
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ) 
■ Instagram:seikatsu954905  (オンエアや取材裏フォト) 
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ