局員レポーターの声でできた「メンズブロックCM」試聴会!

東京ポッド許可局

マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオのラジオ「東京ポッド許可局」。花王リリーフ メンズブロックとのコラボ企画、最終回!

タツオ:さて、みなさん覚えていらっしゃいますでしょうか。男性のズボンの尿シミ対策、「花王リリーフ メンズブロック」とのコラボ企画をお送りしておりました。最終目的、覚えてます?

マキタ:それはあれでしょ。CMでしょ。

タツオ:そうです。

鹿島 :俺たちは本当に独自の道を颯爽と痛快に走っているよな。邪魔する人が誰もいないっていう。本当にありがたい。

マキタ:そうだね。フリー状態だね。独走状態だ。

タツオ:で、最終目的はCMを作ることでした。それがまだ完了していませんでしたので、今日はその完成披露試聴会

マキタ:おっ。できたの?

鹿島 :いいですね~。

タツオ:許可局員にモニターになってもらって感想をいただいたじゃないですか。亀尾さんとかとも相談して、「こういうCM作ってみました」っていうのが出来上がってきました。ちょっと聞いてみましょう。

マキタ:お~っ!聞ける?

タツオ:こちらです。どうぞ!

   ~CM

3人 :(拍手)

マキタ:お~。

タツオ:すごい!

鹿島 :とったぞ!いよいよとった。

マキタ:30年前ぐらいからあったCMみたいな。 

鹿島 :素晴らしいよ!

マキタ:すわりがいいよ。

鹿島 :そうですそうです。

タツオ:ブロックできてる。

マキタ:できてるよ。これ。

鹿島 :これをCMで流そうということですよね。

タツオ:流れればいいなっていう。

鹿島 :あ~いいじゃない。どんどんもう、ダダ漏れしていきましょうよ。

マキタ:それは漏らしていかなきゃ。 

鹿島 :CMいいじゃん。リアルだ。

タツオ:キャッチコピーの応酬とかより、使った人の声をそのまま使っているっていう。

マキタ:初期はそういうことなんじゃないですか。浸透させなくちゃいけないから。

鹿島 :あと、耳に残る。

タツオ:そう。BGMのショパンの力みたいなところはある。

マキタ:ショパンの力、すごかった。だいたいショパンって力強いんだよ。

タツオ:いやでもこれ伝わりやすいしね。局員スタッフたちと亀尾さんたちで組み立てたらしいんですけど、ああでもないこうでもないと話過ぎて、一瞬、野球実況をベースにした守護神押しのCMになりかねなかった。

マキタ:あ~。それはちょっとダメだな。

タツオ:こねくり回しすぎて結局何を言いたいのかわからなくなった結果、シンプルにユーザーの声を伝えることに。

マキタ:それね、浸透してから第二期なんだよ。最初はこういうことじゃないとだめなの。

鹿島 :おもしろ期に入っちゃってね。違う違う。最初は真摯な対応でね。これはどういう商品かということをちゃんと届ける。

マキタ:そうそうそう。

タツオ:そうだよね。なので、シンプルに声を伝えるこのようなCMになったわけなんですけど。

マキタ:いいと思うよ。

タツオ:局員の感想をTBSラジオの男性社員に読ませたという、素人感、手作り感。これが、TBSラジオの社員なんだよ?声優さんとかじゃなくて。

鹿島 :そもそも局員、リスナーの声で成り立っている。

タツオ:そう。リスナーのメールをTBSラジオの男性社員が。

マキタ:だからあれなんだ、生まれっぱなしの。全然加工を知らない。

鹿島 :素晴らしいよ。

タツオ:プロが読むよりなんか伝わってこない?

マキタ:リアルですよ。

鹿島 :宮崎駿方式です。それ。プロの声優は使わないってことで。

マキタ:糸井重里を使うみたいな。

鹿島 :そういうこと。残るもんね。

タツオ:草壁タツオさんね。

鹿島 :ポニョでしょ?ポニョじゃなかった。

タツオ:ポニョじゃないよ。

鹿島 :残ってねえじゃねえか。

タツオ:実際に届いた感想なので、局員と作った感もちゃんとありますしね。

マキタ:うんうん。

タツオ:これよくない?まずはこの音声は、「花王リリーフ メンズブロック」の商品サイトでも聞けます。

マキタ:なるほどね。

鹿島 :だって、事実しか言ってないからね。使った人の。

マキタ:ファクトだね。

鹿島 :ファクトの塊。

タツオ:ファクトだね。

鹿島 :エビデンスの塊。エビデンスおじさん。

タツオ:「ファクトだね」って使いたいね(笑)

マキタ:「ファクトだね」(笑)

タツオ:軽いな~(笑)ぜひ、これチェックしてみてください。ラジオでも実際に流れるといいな~これ。聴きたいな。

マキタ:流したいじゃないですか。深い森の時間に。

タツオ:そう。あと、スーさんの番組(生活は踊る)とかでも流したいよね。ちゃんとね。

マキタ:うん。いいね。

タツオ:「男性陣にはこういう悩みがあるんだ」と。

鹿島 :スー幹事長は根回ししておくわ。

タツオ:出せればいいよね。なお、局員レポーターから届いた感想は、全て亀尾さんにも共有しておりますので。しっかりぎっちり長文のレポートに一同驚いております。みなさん、ご協力ありがとうございました。

マキタ:ありがとうね。

鹿島 :本当にそこは局員の真面目さというか。

マキタ:本当だよ。

タツオ:だから、これ第二弾・第三弾もできるじゃん。まだまだいっぱい感想がある。

マキタ:いくらでもできるよ。

鹿島 :真面目さがにじみ出てね。よかったと思う。

タツオ:そう。

鹿島 :「にじみ出て」っていうのはちょっとこの際やめておこうか。

タツオ:メンズブロックだからね。

マキタ:股間がブルーオーシャンなんつってね。何言ってんの?俺。

鹿島 :(笑)

タツオ:2人ともなんか隙あらばうまいこと言おうとしてるいんだけど。

鹿島 :ファクトだから。

花王リリーフメンズブロックのサイトでも、CM音声を聴けるようになります。局員レポーターの皆さん、熱いレポート、ありがとうございました!

 
 
 
ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ