なぜ私たちは総理大臣を直接選べないのか

アシタノカレッジ

月曜は、アシタノせかい学部!

今週は、”選挙”にフォーカス。

講師には、ギリスをルーツとするカナダの政治に詳しく、専門はカナダ研究で、日本カナダ学会副会長も務めています。「現代カナダを知るための60章」などの編集に関わり、「オンタリオ州ベーシック・インカムの実験」などの論文がおありの、麗澤大学外国語学部教授、田中俊弘さんをお招きし、「なぜ私たちは総理大臣を直接選べないのか」と題し、お送りしました。

臨時国会で自民党の岸田文雄(きしだふみお)総裁が、賛成多数で日本のトップ、総理大臣に選ばれました。しかし、自民党の総裁選、そして総理大臣の指名選挙とも、日本のほとんどの有権者は直接投票ができません。

そのような制度をとっているのはなぜなのか、その理由について、日本の政治体制の歴史的、そして国際的な観点から教えていただきました。

そして、ちょっといいこと短歌には、TBS新人アナウンサーの高柳 光希さんが参加!

ニュース以外でラジオに出演するのは初めて。ちょっと緊張気味ですが、どんな一首を読んでくれるんでしょうか?

是非お聞きください!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ