【2021/10/03】榎本温子さんは、小学生の頃“カマキリ”に乗っていた!?

自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信するTBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時) 今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

先週に引き続き、声優、ナレーターの榎本温子さんをお迎えしました。

小学生のころ、「カマキリ」「トンボ」と呼ばれる自転車が周囲で流行ったそうです。 

「カマキリ」は、ハンドルが昆虫の触覚のように上に伸びているのが特徴。 「その形がカマキリの鎌に似ているからそう名付けられたんでしょう」と疋田さんは解説します。 一方「トンボ」は横にまっすぐハンドルが伸びていて、今でいうフラットバーのような形状。 「カマキリに対抗してトンボとネーミングされたのでは?」と疋田さんは語っていました。 男子が喜びそうな趣味ですが、中にはかわいいタイプのものもあり、榎本さんも使っていたそうです。

その当時の名残か、前傾姿勢で乗るものより、今回手に入れたヤマハの電動アシスト自転車のような直立で乗れるものが自分にはあっているかも、とお思いになるそうです。

街乗りを始めて1年。 普段、安全に自転車に乗るために心がけていることを伺いました。 1つは「車の運転もするので注意が必要だなと思うところを通るときはより慎重に進むようにしている」。 もう1つは、「特に都内は駐車車両も多いので気をつけるようにしている」。 これからも安全で楽しいサイクルライフを送っていただきたいですね。

そのほか、榎本さんによる選曲、自転車にちなんだプリキュアシリーズのレアソングもOA。 詳しくは音声でお楽しみください。 

番組ではメールを募集中です。 自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、 サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、 自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、 「忘れられない愛車の思い出」などなど。 cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ