ハイアット リージェンシー東京ベイで橋本マナミさんをお迎えして

辰巳琢郎の勝手にコンシェルジュ

今週からのゲストは、『1020号室』にお泊りの 橋本マナミさん。 

勝手にコンシェルジュ:辰巳琢郎と、勝手に見習い:近藤夏子の2人が  
お部屋までお迎えにあがりました! 

近藤「1020号室、思い出があると伺いました。」

橋本「結婚する前まで住んでいた、部屋の番号が、『102』なんです。
   古いマンションの家賃10万円でした。8年くらい長く住んでいたんですけど、
   その家に住むようになってから、右肩上がりでお仕事もらえるようになりました。」

13歳でデビューした橋本さんは、下積み時代が15年以上。
なかなかお仕事が増えない中、20代後半で藁にもすがる思いで、
方位学で選んだ『102号室』に住み始めたのだそうです。

そんな『102号室』で生活したことで、見事ブレイク!
結婚まで長く住んだ思い出のお部屋だったとのこと。

今でもゲン担ぎは大事にされているそうで、
不安なお仕事の前は、朝から代々木八幡宮にお参りをして、
お賽銭は『505円』と決めている、とも教えてくださいました。
 


さて、今回 お話を伺っているのは、ハイアット リージェンシー 東京ベイで
最大の広さのお部屋 『チェアマンスイート』!

まずは、当ホテルのオリジナルラベル『JAPAN PREMIUM メルロ 2016年』で乾杯です。

 

辰巳コンシェルジュも出演していた!あのドラマに憧れて...

橋本さんのデビューのきっかけは、
美少女コンテストでの演技部門賞受賞でした。

辰巳「自分で応募したんでしたっけ?」

橋本「はい。小学生の時から、芸能界に入りたいと漠然と思っていたので
   『1つ屋根の下』というドラマを見て、母にお願いして。」

辰巳「俺出てたんだよ? 最初の方だけ(笑)」

橋本「え?!本当ですか?!
   あのドラマが大好きで、あの兄弟になりたかったです。
   自分がもし入ったら、『こまな』って妄想してたんです。」

親御さんは、芸能界へ反対していたものの、
美少女コンテストで落ちたら諦めて欲しいと応募を承諾。

初めて演技したコンテストだったものの
将来性を見初められ、見事に受賞されました。

覚悟が生んだ、ブレイクの道

初めてグラビア写真集に挑戦されたのは、16歳のとき。
水着はビキニで、笑顔で、という環境が苦手だったのだとか。

その後、27歳でターニングポイントを迎えます。

橋本「清純派からセクシー路線に変更したんです。
   仕事も全然なくて、グラビアしかない中で、撮り下ろしの仕事頂いたんです。
   苦手だけど、もう私には何も無いなって、水着なんかどうでもよくて
   手ぬぐい1枚持って、最後だから露出とか、もうどうでもいいっていう覚悟で!」

近藤「手ぬぐい?!」

橋本「衣装合わせ行ったら、もう水着なんてないんですよ(笑)
   手ぬぐい、ヒモ、手ぬぐい... もう着せてもられないんですよ!
   でも、その覚悟で臨んだグラビアが反響あって、すごく嬉しくなって。
   そこからは止まらなくて...(笑)」

そこから、”国民の愛人”として メディアへの出演も増え、
多くのファンを獲得されていきました。

最初、自身のキャラクターがしっかりとしたことは嬉しかったものの
数年後からは、イメージが先行してしまう環境に苦労もしていたそう。 

今週はここまで! 来週もお話たっぷり伺います。

 

OA楽曲

番組内でオンエアされた楽曲は、
Sexual Healing (Kygo Remix)/Marvin Gaye でした。

 

10月のプレゼントは、サントリー 赤ワイン 
ホテルオリジナルラベル『JAPAN PREMIUM メルロ 2016年』

 ここで、番組からプレゼントのお知らせです。 

今月は、サントリー 赤ワイン ホテルオリジナルラベル
『JAPAN PREMIUM メルロ 2016年』 を 抽選で1名の方にプレゼントします。   
ご希望の方は、メール(tkc@tbs.co.jp)でご応募ください。 

・件名に、『プレゼントワイン希望』と明記してください。   
・住所・お名前・年齢・電話番号をお忘れなく。   
・締め切りは、10月31日(日)。   
・当選者の発表は、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

 

 

 
 
 
ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ