新感覚!奈良漬バターサンドとは??

ISUZU presents 檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。
今朝は「奈良漬の老舗が発売した新商品」にまつわるお話でした。

奈良漬の起源は、その名のとおり奈良時代にあります。
塩漬された野菜を酒粕に何度も漬けかえることで塩分をぬき、酒粕のうま味を野菜にとじ込めていく、お漬物です。うりをはじめ、きゅうり、すいか、なすなど、京都で育った京野菜が用いられました。

今朝紹介した京都市の田中長奈良漬店さんは1789年、寛政元年創業。
江戸時代に味淋・焼酎の醸造を始め、その傍ら奈良漬の製造を始めました。明治期に、みりん醸造を本格化し、それと同時にみりん風味を生かした奈良漬が評判を呼んだという事です。
奈良漬のこだわりは国産の野菜を使っている事。さらに、味淋粕などを使って味を整えた酒粕の中に何度も漬けかえて、およそ二年の歳月をかけて作っています。手作業にこだわり、味淋の風味を生かしたまろやかなうまみが特徴となっています。

まろやかな味醂の香りを堪能できる「田中長奈良漬店」さんの奈良漬、「都錦味淋漬」。実は今、この奈良漬を活かした新商品が話題になっているんです。
それが「奈良漬バターサンド」。
見た目はレーズンの入ったバターサンドと変わりませんが、しっかり、奈良漬が入っています。
クリームチーズなど、乳製品との相性が良い事に着目して開発されたのが、「奈良漬バターサンド」。シロウリの奈良漬に合わせたのが、無塩バターのクリーム!深くコクのある複雑な味わいに仕上がっていまして、甘さは控えめで、コーヒーや紅茶にぴったりです。

お漬物は白いご飯という先入観を覆す、新感覚のスイーツの誕生かもしれません。
「田中長奈良漬店」さんの「奈良漬バターサンド」。大ヒットするのが分かる気がしました。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ