群馬の名物「おっきりこみ」

ISUZU presents 檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝、ご紹介したのは、さいたま市・浦和区にお住まいのラジオネーム「おっきりこみ大好き」さんからのお便りを紹介しました!

「群馬の名物『おっきりこみ』は、小麦粉で打った幅広い麺を、醤油やみそをベースに、野菜と一緒にじっくり煮込んだ郷土料理です。
健康のために、沢山の野菜や麺を切り込んで作ったので、『おっきりこみ』といいます。地味ですが、とても美味しいですよ」


群馬名物「おっきりこみ」
群馬県は、山々に囲まれているという土地柄「からっ風」と呼ばれる、吹き降ろしがあることで知られています。この風によって土が良く乾き、小麦が多く採れる一大産地となりました。そのため、小麦を使った「粉もの料理」が好まれているんだそうです。おっきりこみは、幅の広い生めんを醤油または味噌ベースの汁で煮込んだあたたかい郷土料理です。群馬の一部では、「煮ぼうとう」とも呼ばれています。うどんやそばとは異なり、麺を下茹でしないのもおっきりこみの特徴です。基本的に生の平打ちうどんを煮込むため、うどんの周りについた「打ち粉」がスープに溶け出してとろみが出ます。トロッとして、温まりそうですよね。一説によりますと、「おきりこみ」は昔、養蚕農家で農作業を終えた女性たちが、栄養バランスに優れ、手早く大量に作れる料理として作り始めたのがルーツと言われています。今では、ご家庭でもよく作られており、おふくろの味として、多くの方に愛されているそうです。

お料理のレシピサイトでは、醤油や味噌ベース以外に、豆乳ベースやカレー味、キムチ鍋のようなアレンジも紹介されていますので、私もチャレンジしてみたいと思います。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ