鮭からできた醤油ってどんな味?ご当地しょうゆ特集

ジェーン・スー 生活は踊る

9月27日(月)のスーさんこれいいよ!のゲストは、調味料ソムリエのMICHIKOさん。今週金曜日、10月1日は「しょうゆの日」ということで、「全国のご当地こだわり醤油」を教えていただきました!

ミチコさんは、もともとは企業の秘書をされていましたが、2009年、料理好きが高じて、料理業界に飛び込み、調味料・野菜・カレー、スパイス&ハーブのプロとして活躍されています。「生活は踊る」は3度目の登場です!

「全国のご当地こだわり醤油」、ひとつ目『北海道「鮭醤油」』

秋の味覚、鮭を使った醤油。2008年に佐藤水産という会社が作ったもので、北海道天然鮭のアラなどの部位を使っています。普通の魚醤に比べ、特有の香りもなく、大豆も含まれているので、旨味のある醤油感覚で使えます。たまごかけご飯にかけて食べてみると・・・

「美味しい!!角がなくて、まろやか!!」

北海道・佐藤水産の「鮭醤油」。150ml入りで税込み340円。公式のオンラインストアで購入できます。

 

「全国のご当地こだわり醤油」、2つ目『高知県「だしが良くでる宗田節」』

「ウェルカム ジョン万 カンパニー」という会社の商品。ポイントは自分で作ること。お気に入りの醤油を注ぐだけで、本格的なだし醤油の出来上がり。コロナ禍の中、自分で作る楽しさ、美味しさを味わえます!

瓶に入っているのは、高知県土佐清水で水揚げされた宗田節(写真右)。瓶の中にお好みのお醤油をいれ、冷蔵庫で数日~2週間熟成するだけ(写真左)。瓶に注ぐお醤油は薄口、濃口、減塩醤油でも何でも構いません。なくなれば、醤油を足して使えます。

たまごかけご飯にかけて食べてみると・・・

「お出汁が効いてる!鰹節をパラパラとフリかけたような感じ!」

高知県・ウェルカム ジョン万 カンパニーの「だしが良くでる宗田節」。1本・税込み1,200円。公式のオンラインストアで購入できます。
 

『鹿児島県「母ゆずり 濃口」』

「かねよ みそ しょうゆ」という会社の商品。九州では当たり前の甘口の醤油最近では九州だけでなく、全国的に広がってきている。コロナ禍の中、甘いものが欲しい、味つけにこれ一本で完結する便利さ。

100年前から南国に合う醤油として作られてきたとか。しっかりとしたコクのある甘味で、煮物はこれ一つで味付けは完結。炒めた豚バラ肉の味付けにもサッとかければ豚丼の出来上がり。

たまごかけご飯に、かけて食べてみると・・・

「甘くて美味しい!!みたらし団子みたい!!」

鹿児島県「かねよ みそ しょうゆ」の、「母ゆずり 濃口」。500mlのパックが1本・税込み389円。公式のオンラインストアで購入できます。

 

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~木の11:00~13:00生放送。

FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマートフォンはradiko でも。    
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウド や、radikoタイムフリーで聴けます。

■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp(読まれたらステッカー等進呈)    
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)    
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)    
■ Instagram:seikatsu954905  (オンエアや取材裏フォト)    
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)

 
 
 
 
ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ