東京2020パラリンピックを振り返る!後半! TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと~現地取材した喜入アナと東京2020パラリンピックを振り返る

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。毎週月曜日9時30分頃からは「TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと」をお送りします。東京都のパラスポーツを応援するプロジェクト「TEAN BEYOND」の提供で、パラスポーツについて色々取り上げていくコーナーです。
出演は伊集院光、TBSアナウンサー喜入友浩。

伊集院光とらじおとロゴ0301~

 

東京2020パラリンピックを取材した喜入アナウンサーの心に響いたシーンは?!

8月24日から9月5日まで開催された東京2020パラリンピック。TBSラジオを代表してただ1人、会場で協議を観て取材をしてきた喜入アナウンサーは、競技が行われた日は全て取材を行い、延べ18会場、1日に3回以上も会場を回りたっぷり取材してきました。前回に引き続き、喜入アナウンサーに心に響いたシーンを取り上げてもらいました。

 

ゴールボール アメリカの規格外の選手は…

以前、番組に出演して頂いたゴールボール・キャプテンの川嶋悠太選手に音だけを頼りに守備を行うと教えて頂いたので、会場で目を閉じて試合を取材した喜入アナウンサー。そこで他の選手と音が違う選手がアメリカのヤング選手でした。ヤング選手がボールを投げた時、相手の守備選手に当たった後に、その選手が「ズズ」と動く音がするとのこと。体の大きいヤング選手は守備の時にも、大きさを生かした守備で活躍。競技寿命が長いゴールボールの中で、まだ20代のヤング選手は今後、より一層注目の選手になっていくはず。パワフルなボールを投げるヤング選手ですがガールフレンドのアリアナ選手もアメリカのゴールボール代表。SNSで仲の良い様子をアップしたりしているそうです。

 
 

ブラインドサッカー ヤバすぎるブラジル

4-0で日本を下したブラジル。チームとしての結束ももちろんですが、ロングボールを多用するサイドチェンジや、足にボールが吸い付いているように見えるドリブルなど、まさに敵無しのチームだったとのこと。ボールの音がなりずらい高いボールのパスを多用し、そのボールをいとも簡単にコントロールする技術の高さやボール感覚は異次元。「ブラジルにどうすれば勝てるのか…現地取材が必要なのでは?」と思うほど強かったブラジルには拍手を送るしかないと話す喜入アナウンサーでした。

様々な競技を取材していた喜入アナウンサーが一番感動したシーンはブラインドサッカーの5位6位決定戦、日本対スペインの黒田選手のゴール。川村怜選手の浮き球のパスに一早く反応した黒田智成選手が見事なシュートをゴールに突き刺し決勝点。試合後の黒田選手は「川村選手の浮いたパスの軌道が見えた。信じて足を出した。浮き球のイメージと一瞬の空中の音がシンクロした」と話していました。「満員の観客であのプレーが観たかった。あのゴールのような奇跡を生で共有したかった」と喜入アナウンサーと伊集院さんは話しました。

 
 

 

伊集院光とらじおとパラスポーツと 第43回http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210920093135

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ