国内外で大人気の「秋田犬」を守るお仕事に注目!

ISUZU presents 檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、天然記念物・秋田犬を守る、秋田県大館市の仕事に注目しました。

国の天然記念物6犬種のひとつ、「秋田犬」。秋田県大館市では、古くから、狩りをするマタギの心強い相棒でした、現在も、そんな秋田犬を大切にしている大館市。「秋田犬保存会」の皆さんと手をたずさえ、より多くの人に愛されるよう、さまざまなPRを行っています。

「秋田犬の里」という施設では、歴史や特徴が紹介されているミュージアムや、秋田犬のりりしい姿やかわいい表情を見ることができる展示室があります。また、秋田犬を飼っているホテルもあり、「会いたい」とお願いすれば、犬の体調次第ではありますが、会うこともできるそうです。

ただし、触れたり・近づいたり、ということは簡単にはできません。「忠犬」と言われるように、飼い主以外には、懐かない性質があるからです。大館市の皆さんは、犬たちにストレスをかけないように気をつけながら、秋田犬に会える場を作っています。

最近は、コロナ禍で、観光も難しくなっていますが、そのかわり、SNSを利用して、犬たちの魅力を発信しています。「秋田犬の里」のインスタやツイッターには、市で飼っている「誉ちゃん」の写真や動画がたくさんアップされているので、わんちゃんがお好きな方はぜひご覧ください!

さて、国内外で人気の秋田犬ですが、ブリーダーが少なくなっていることや、飼える人が少ないことから、保存が難しくなっているそうです。飼うためには、のびのび暮らせる住環境や、飼い主さんのじゅうぶんな体力が必要。もしも、条件を満たせるかもしれないという方は、まずは、SNSなどを通じて、秋田犬について調べてみてはいかがでしょうか。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ