【2021/09/19】1970年代に作られた自転車が今も現役!?乗っているのは歌手の西方裕之さん。

自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信するTBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時) 今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

引き続き、演歌界を代表するサイクリストの西方裕之さんをお迎えしました。

先週の放送でメインで乗っている愛車3台のお話を伺う予定でしたが、盛り上がり過ぎてタイムオーバー。 今回はそのうちの1台についてお話いただきました。 

それはイギリスのメーカーのミニベロ。 ドロップハンドルやブレーキなどのパーツが西方さんの好みということでゲットされたそうです。 作られたのは1970年代。 誕生して半世紀近くが経つにもかかわらず、快適に走れるところに感動を覚えるそうです。 

「自分のところに来るまでいろんな人を乗せてきたんだろうな」と感慨にふけることも。 「歴史を乗っている」「乗っているというより、乗せていただいている」という気持ちになるそうです。 これに「私もそういうポリシーが大好きです」と疋田さんも納得。 

そんな疋田さんと西方さんにはもう1つ共通点があります。 それはギターマニア。 西方さんは多いときで98本も所有されていたそうです。 置き場所を考え、現在は30本くらい。 より大事にしてくれる方の元に届けたいと熟考した上、手放したそうです。 

「今回も自転車の話ができるのを楽しみに来たんです」と嬉しそうに語る西方さん。 またぜひお迎えしたいですね。 詳しくは音声でお楽しみください。

番組ではメールを募集中です。 自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、 サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、 自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、 「忘れられない愛車の思い出」などなど。 cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!

 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ