第25回放送「子供たちの貧困」!

スナックSDGs powered by みんな電力

毎週日曜日の夜8時に開店する「スナックSDGs」!

9/19の放送へのご来店、ありがとうございました。

「再エネソムリエ」の大石英司とTBSアナウンサーの堀井美香

毎週、さまざまなお客さまをお迎えします。

 

地球の未来を話し合うラジオの中の社交場には今回、

子どもたちの貧困問題」に対してアクションを起こしている方々をお迎えしました。

 

ひとりめは、タレントのはるな愛さん。

「東京2020パラリンピック」の開会式にはダンスパフォーマーとして出演!

国際映像の冒頭に登場して大きな話題を呼びました。

 

ニューハーフの「世界一」を決める大会で優勝した経験を持ち、

タレントとして活躍する一方、東京の三軒茶屋では複数の飲食店も経営されています。

2017年から、数カ月に1度「子ども食堂」を開いていらっしゃいます。

 

ふたりめは、

認定NPO法人「おてらおやつクラブ」理事の野田芳樹さん。

 お寺への「おそなえもの」を、仏さまからの「おさがり」として頂いて、

経済的に困難な状況にある家庭へ「おすそわけ」する活動が、「おてらおやつクラブ」。

 過去に「グッドデザイン大賞」も受賞しているこの活動に携わりながら、

本業は、愛知県春日井市にあるお寺「林昌寺」の副住職でもいらっしゃいます

 

 

9/12のお品書きは、「子供たちの貧困

 

野田)

「僕が、(「おてらおやつクラブ」)にかかわり始めたきっかけは、

 檀家さんからもらってきて、食べきれなかったものを、処分することがあって、

 修行中に学んだことと違っていて、嫌で仕方なかったんですね。

 その時に、この「おてらおやつクラブ」のことをしって、参加しました。

 実際に困っている方の話を聞くと、思っていたよりも、根深かったです。

 自分自身の気持ちの課題だけを、最初は解決しようと思っていたんですが、

 甘かったなと思いました。

 それから、深くかかわりはじめ、今は理事をしております。

 お寺には、食べきれないものが「ある」という課題があって、

 世界には、「ない」という課題があると感じています。」

 

はるな愛)

「マッチングですよね!

 私も、昔は貧乏だったんですよ。近所の人たちにも助けてもらっていたんですが、

 都内だとなかなか、ご近所付き合いも難しいし、

 家庭の事情もオープンにはできない空気もあって。」

 

 

野田)

「大事にしてるのが、門戸を常に開いておくっていうのが大事かなと。

 シングルマザーの方が多いのですが、いろんな状況で声を上げずらい。

 外に出かけるのも難しい人がいつでもアクセスできるように、

 webを開いるっていうのが大事かなと。

 いま、このラジオを聞いてる人も、アクセスしてもらえればと思っています。

 ---

 

 「みんなエアーさんいらっしゃ~い」

 

今回フォーカスしたのは、、、

私たちの身の回りの空気を「見える化」するサービス、「みんなエアー」の取り組み。

みんな電力の碓氷さんにお越しいただきました。 

‟空気”の総合専門メディア 『AIR Lab.JOURNAL』!

こちらは、どういったメディア?・・・

聞き逃した方は、

ぜひ、radikoのタイムフリーでどうぞ!

---

今夜お届けした楽曲は・・・・

Hey! みんな元気かい?/KinKi Kids

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ