中世ヨーロッパを再現!群馬県の「ロックハート城」は女性に人気の“映えるスポット”

地方創生プログラム ONE-J

全国の「ご当地レポーター」と電話を繋いで、地元愛あふれる話題を語り尽くす「ローカルレコメンド」。9月12日の放送ではメッセージテーマの「恋の予感」にちなんで、日本全国にある素敵な「恋するスポット」を紹介しました。

群馬県の斎藤稔(さいとう みのる)さんは中世ヨーロッパの世界を再現した石のテーマパーク「ロックハート城」の職員さん。一緒に写っているフクロウは、城の裏にある森から迷い込んできた時に写したのだそうです。

ロックハート城は、28年前に英国スコットランドにあったお城を解体・輸送・移築・復元した「本物のお城」です。お城を中心に庭園のように整備された敷地面積は10万平方メートル!これは東京ドーム2個分に相当します。本物の石畳や石壁が巡らされている施設はまさに中世ヨーロッパの世界です。

斎藤さんによるとロックハート城を訪れるお客さんは7割が女性で、もちろんカップルも多いとのこと。お目当ては人気イベントの「プリンセス体験」。800種類以上のドレスから好きなものを選んで“お姫様”に変身!さらにお城の中や庭園など、好きな場所で「映える」写真が撮れるんです。撮った写真はSNSにアップするのももちろんOK!最近はコロナ禍のせいか「ピュアホワイトのドレス」が人気なんだとか。ちなみに坐間妙子さんもロックハート城で「お姫様」になったことがあるんだとか(しかも2回も!)

カップルのデートスポットとして人気なロックハート城ですが、結婚式場も備えているので、お姫様気分そのままに挙式を挙げるなんてことも可能です。また、プロポーズの場としても人気で、斎藤さんによると「100本の薔薇を用意してプロポーズ」「プロポーズに応じたタイミングで白馬が現れる」「花火が上がる」など、実際にお客さんが行ったプロポーズの例を挙げながら「要望に応じた演出をお手伝いします」と話していました。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ