ハイアット リージェンシー東京ベイで真琴つばささんをお迎えして。

辰巳琢郎の勝手にコンシェルジュ

今週からのゲストは、『702号室』にお泊りの真琴つばささん。

勝手にコンシェルジュ:辰巳琢郎と、勝手に見習い:近藤夏子の2人が
お部屋までお迎えにあがりました!


今回、お話を伺うお部屋は...
最上階10階にある『エグゼクティブ オーシャンビュー テラス スイート 1007号室』です。

開放感のあるプライベートテラスが付いているお部屋で
大きな窓からは、豊かな緑と東京湾を眺めることができます。

そんな豪華なお部屋で。まずは乾杯!
いただいたのは、味わい深く辛口なワイン『中央葡萄酒 グリド甲州 白』です。
 


『702号室』に込められたヒミツ。


真琴つばささんが今回お泊りのお部屋は、『702号室』。
この数字は、”1つの人生が終わり、始まった日” なのだとか。

「7月2日が、宝塚を退団した日なんです。
 ちょうど20年前。2001年。
 今年も暑いですけど、この時も暑くて...その中(劇場外で)待ってくださる方々がいらして。」

そこで、思い入れのある数字が刻まれた『702号室』を選ばれた真琴さん。

近藤夏子アナの年齢 "25"歳に戻れるとするなら、
1人旅をしてみたい、とも話してくださいました。
 

小学5年生で『ここに入るんだ、と思いました』


幼少期は、下町らしさが残る品川で過ごし、
お祭り好きで活発な子だったという真琴さん!
宝塚との出会いも、そんな活発だった小学5年生のころ。

「親友が宝塚のファンで、劇場に連れて行ってもらって、
 そこで、ここに入るんだ、と思いました。
 20番目くらいの席だったかな。観たのは雪組で、
 汀夏子さんと麻実れいさんがやってらして、本当にキレイで...
 みんなが1つの方向を目指しているエネルギーを感じましたね。
 私1人子で、兄弟が欲しかったのかな?今から思うとね。」

中学時代は、オリンピックを目指しバレーボールに打ち込み、
本格的に宝塚を目指したのは、高校になってからだったそう。

宝塚時代、神がかった瞬間!


宝塚時代で、真琴さん自身も”すごかった” と感じた時は、
入団し4、5年目のレッスンでのある出来事。

先生から数人呼ばれ、振り付けを1度だけ見て踊るように
という難易度の高い課題を出されたそう。

「周りは床に寝そべって、真ん中のスターさんだけが踊るもので、
 そんなの突然言われて、みんな動揺してて出来ないわけですよ。
 ところが、私だけ、90点以上で出来たんです。
 音だけ聞いていて、アクセントがどこにくるかが分かって!
 すごーい!って先生が言ってくれたんですけど、
 周りは皆寝そべってて見てなかった(笑)あの劇的瞬間....」

もともと、ダンスや歌唱は平均点以下だった、と真琴さん。
学校入学時は、下位だったものの、努力を重ね
入団1年目、3年目、5年目には、いつも平均点前後まで成長されたそう。

「私、やる気がない顔に見えるんですって。
 夢の世界ですから、笑顔が良い方が下級生時代は良いんです。
 でも!それが後に!哀愁のある男になるんです(笑)」

来週もまだまだお話伺います!

 

OA楽曲

番組内でオンエアされた楽曲は...
Leave the Door Open/Bruno Mars, Anderson .Paak & Silk Sonic
でした。

 

9月のプレゼントは、中央葡萄酒 『グリド甲州 白 2018年


ここで、番組からプレゼントのお知らせです。 

今月は、山梨県甲州市勝沼 にある 中央葡萄酒 『グリド甲州 白 2018年』を 
抽選で1名の方にプレゼントします。  
ご希望の方は、メール(tkc@tbs.co.jp)でご応募ください。   

・件名に、『プレゼントワイン希望』と明記してください。  
・住所・お名前・年齢・電話番号をお忘れなく。  
・締め切りは、9月26日(日)。  
・当選者の発表は、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

 

 
 
 
 
ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ