東京2020パラリンピックが開幕! TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと~ゲストの方々の種目結果

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。毎週月曜日9時30分頃からは「TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと」をお送りします。東京都のパラスポーツを応援するプロジェクト「TEAN BEYOND」の提供で、パラスポーツについて色々取り上げていくコーナーです。
出演は伊集院光、TBSアナウンサー喜入友浩。

伊集院光とらじおとロゴ0301~

 

東京2020パラリンピックが開幕!

8月24日に開幕した東京2020パラリンピック。今回はこれまでゲストに来てくれた方々の結果を生放送でお送りしました。伊集院さんはパラリンピックの様々な競技を見て「”車いすに乗っている人”ということで一括りにしていないか?試合を見ていてパラアスリートのできること、得意なことが各選手こんなに違うんだ。とゲームの中で初めて感じた」と感想を述べました。現場で取材を行う喜入アナウンサーは「今回のパラリンピックは22競技で539種目に枝分かれしている。様々な障害の度合いを示すクラス分けを知ったり、選手の動きで様々な障害を知ることができる」と話していました。

ゴールボールを見た伊集院さんは選手の足音に注目。視覚障害の方が行う競技で音を頼りに点を取り合うので、わざと足音を立てたり、あえて足音を立てなかったりします。伊集院さんは「野球を観戦している時に『今、どんな気持ちでバッターボックスに立っているんだろう』と想像する時と一緒で、ゴールボールの試合中に『どういう気持ちで足音をさせたんだろう』と思う。素直に『目が見えないと、あの選手はどういう状況にいるんだろう』と想像している」と話しました。

 

車いすラグビー 銅メダル獲得

以前、番組に来ていただいた池崎大輔選手が出場した車いすラグビー。予選ラウンド第1試合・フランス戦は格下相手と思いきやギリギリの勝利。第2試合・デンマーク戦は点差をつけて勝利。初戦で強豪オーストラリアに勝利したデンマークに苦しめられる展開もありました日本は2連勝。各チーム、日本のエース・池崎選手を潰しにきていました。予選ラウンド第3試合目は世界ランキング1位のオーストラリア。パラリンピック2大会連続金メダルの強豪です。オーストラリアのエース、ライリー・バット選手の片輪走行や、屈強な肉体からは想像つかないターンの速さが脅威となりますが、日本はライリー・バット選手を徹底マークしオーストラリアに勝利。予選ラウンド3戦全勝で準決勝に進出。準決勝の相手は世界ランキング4位のイギリス。池崎選手がマークに合ったり、イギリスの選手の”手を伸ばしてボールを奪う”高度な技に苦しめられ、日本は負けてしまいます。この結果、日本は3位決定戦にまわります。

8月29日に行われた3位決定戦の相手は再びオーストラリア。現地で観戦した喜入アナウンサーは「予選の時よりもライリー・バット選手の気合が入っていた。しかし池崎選手も気合が入っていて、お互い車いすをぶつけ合いながら凄い攻防だった」と話しました。伊集院さんが注目したのは日本のローポインター・長谷川選手。0.5ポイントという障害の重い長谷川選手が屈強なライリー・バット選手にぶつかっていきます。ライリー・バット選手の車いすの下に、長谷川選手の車いすのパーツを滑るこませて動きを止め、相手のミスを誘っていました。3位決定戦は日本がオーストラリアに勝利に、日本代表は銅メダルを獲得。3位決定戦後の池崎選手のインタビューでは「最後に勝ってメダルを取れて良かったという思いと、一番輝く色のメダルを取りたかったなという悔しい思いが込み上げてきた。3年後のパリでリベンジを果たしたい」とおしゃっていました。

 

競泳・辻内綾野選手 日本新記録を更新

辻内選手が番組に出演した際に言っていた目標は「決勝進出」と「日本新記録と自己ベスト更新」でしたが、400m 自由形の予選で日本新記録を更新。決勝進出し8位入賞。50m 自由形では予選・決勝と立て続きに日本新記録。決勝では7位入賞と有言実行を果たしてくれました。100m 平泳ぎにも出場予定で9月1日(水)に行います。


 

陸上・大島健吾選手と山本篤選手 結果は…

大島選手はパラリンピックが延期になったこの1年間で記録を飛躍的に伸ばしてきました。番組に出演した際に言っていた目標は「決勝に行きたい」「自分の理論上で組み立てていくと11秒2を切ることもできる」でしたが、男子100m T64 予選で5着 11秒41。決勝進出はなりませんでした。試合後、大島選手は「課題のスタートは良かった。そこから加速していかないといけなかったが足が引っかかってしまって今までできていたことができなかった」と言っていました。大島選手は9月4日(土)に男子200m予選とユニバーサルリレーに出場予定です。

 

T63 走り幅跳びに出場した山本篤選手は6m75の記録で4位。日本記録を更新しますが、メダル獲得はならず。番組に出演した際は「跳躍の瞬間、義足がギリギリまでしなって、飛ぶ時が気持ちいい。その瞬間をみてほしい」とおしゃっていました。現地で観戦した喜入アナウンサーは「走り出して飛ぶ瞬間、ふわっと浮いてスローモーションのような感じだった。一度はメダル圏内に入り『うわっ!』と叫んでしまった」と話しました。

 

ブラインドサッカー(5人制サッカー) 結果は… 

初戦、フランスに4-0で勝利。現地で取材した喜入アナウンサーは「フランスの選手の足が長い、身体が大きい、当たりが強い!しかし日本は組織的な守備で対応していた。一番感動したのは川村怜選手のPK。ボールを置いてから蹴るタイミングが独特。不意を衝くタイミングで蹴っているのに精密なキック。中継のカメラが追い付いていなかった」と話しました。予選は30日(月)ブラジル戦(番組放送後に行われましたが、強豪ブラジルに圧倒され0-4という結果)、31日(火)にはアジア王者・中国戦。勝ち上がっていくと9月2日(水)に準決勝。9月4日(土)に決勝が行われます。

 

ゴールボール 結果は… 

以前、日本代表キャプテンの川嶋悠太選手がゲストに来ていただいたゴールボール。開催国枠として初出場の日本。予選ではランキングで日本を上回る相手と多く戦いましたが、前回、銀メダルのアメリカや前回、金メダルのリトアニアなどに勝利し3勝1敗で準々決勝に進出。8月31日(火)に準々決勝。9月2日(木)準決勝。9月3日(金)に決勝が行われます。

伊集院さんは「『自分が目が見えないとするとこうだ』とか『このボールは取りづらいんだろうな』とか、試合を観ていると途中から分かるようになる。ゴールボールを見ていると日常から『この道は目が見えない人にとってはしんどいんじゃないか』とか少し理解できるようになるんじゃないかなと思った」と話していました。

 

伊集院光とらじおとパラスポーツと 第40回http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210830092845

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ