「ダンス苦手なんですよ…」歌舞伎役者の愚痴!

宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど

毎週金曜夜9時から放送している「宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど」。

8月20日は「歌舞伎役者の愚痴」を聞きました。

 

Kめさん▶︎役者歴は21年

K蔵さん▶︎役者歴は55 年

 

お二人共、宮藤さんが作・演出を担当した『大江戸りびんぐでっど』にもご出演。

K蔵:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、新作の時の演出家からの無茶ぶりが酷すぎるんです。

 

K蔵:僕らは、型にハマるのは得意なんですけど、自由にやれって言われたらだめんなんですよ。

宮藤:またまた~!でも、『大江戸りびんぐでっど』時は、1ヶ月ぐらい稽古しましたけど、古典の時はほぼ稽古しないですよね?

K蔵:多くて4日ですね。

宮藤:なんでそれで出来るんですか!?

K蔵:元々、みんな入ってますし、ちょっとここをこうしようとかの、打ち合わせだけって感じですね。

宮藤:演出は誰がやるんですか?

Kめ:主演の方ですね。それに僕らが沿っていく感じです。

 

宮藤:『大江戸りびんぐでっど』の時にはダンスシーンがあったじゃないですか。あれ、みなさん不得意なんだなって思ったんですけど、どうでした?

K蔵:不得意です。カウント制が苦手なんです。

Kめ:僕らは、ひーふーみーよーで数えるので、ワンツースリーフォーができなんですよね。

宮藤:だからか!スリラーみたいな振りの部分で、裏打ちで踊るシーンなんですけど、みんな表になっちゃうんですよね!なんで出来ないんだろうって思ってたら、一番先頭で踊ってる勘三郎さんが出来てないんですよ。みんなはそれを見て合わせてるから、出来てないんですよ!!

K蔵:それはそうですね!それが僕らのしきたりなんで。

宮藤:でも、勘三郎さんは出来てないって自覚がないから、何回もやらせてたら「なんでみんなできないんだよ!」って怒ってて笑

毎回、ロングバージョンは、翌週水曜朝10時、AmazonオーディブルでPodcast配信中です。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ