パラ陸上・大島健吾選手の歴史 TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと~パラ陸上の巻 その2 ワクワクさせる男 大島健吾

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。毎週月曜日9時30分頃からは「TEAM BEYOND presents 伊集院光と喜入友浩とパラスポーツと」をお送りします。東京都のパラスポーツを応援するプロジェクト「TEAN BEYOND」の提供で、パラスポーツについて色々取り上げていくコーナーです。
出演は伊集院光、TBSアナウンサー喜入友浩。

伊集院光とらじおとロゴ0301~

 

ゲストは、東京2020パラリンピック 陸上・男子100m T64クラス、ユニバーサルリレー日本代表の大島健吾選手

前回に引き続き、ゲストは、東京2020パラリンピック 陸上・男子100m T64クラス、ユニバーサルリレー日本代表の大島健吾選手。

大島健吾選手の歴史

大島選手は生まれつき左足の足首の下が無く、かかとの骨は残っている状態。踏み込むことや、義足を外しても歩くこと、普通の生活は余裕でできる状態だったそうです。小学校、中学校、高校と普通の学校で過ごし、高校時代はラグビー部に入っていました。クラスメイトやラグビー部の仲間には自分が義足ということを特に言ってなく、修学旅行の時のお風呂で周りに気づかれたそうです。そんな中、高校時代にパラ陸上選手発掘会の開催を知り、参加した際、義肢装具士の方や、パラ陸上の選手と話してパラ陸上を始めます。

大島選手とスポーツ

パラ陸上を始め、自分に合った競技用義足を着用した際に「こんなに楽に走って良いんだ」と感じた大島選手。生活用義足でラグビーをしていた時も、部活の中で速く走る方だったそうですが、もし競技用義足を付けていたら、「あの時、自分より速く走っていた仲間より絶対速く走れていたのに!」と悔しい気持ちが湧いてくると共に、「これからのもっと速く走れる」と期待感もあったそうです。自分に合った競技用義足を付けた時、ホッピングのような飛び跳ねる感覚で「こんなのやっていいのかな」と思い、これから自分の走りがどんどん成長していくことにワクワクしたとのこと。大島選手は「本当にすごい楽しくて、足がないなら是非やってほしい」とおっしゃっていました。

東京2020パラリンピックにむけて

最近のコンディションについてうかがうと、良くなっている部分もあるがまだまだ調整する部分があるとのこと。記録はもちろんですが、義足の調整や走りフォームなどこれから改善する余地があり、大島選手はずっとワクワクしっぱなし。「これからもっともっと面白くなるんで、そういうのを分かってもらえたら嬉しい」とおっしゃっていました。

伊集院光とらじおとパラスポーツと 第37回http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=202108099093235

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ