【2021/08/01】To Be Continuedの岡田浩暉さんの自転車脳内BGMは、これからはシティーポップに!?

自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信するTBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時) 今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

先週に引き続き、1994年リリースのヒット曲「君だけを見ていた」の2021年バージョンが話題、To Be Continuedの岡田浩暉さんをお迎えしました。

「その曲を聞くとカラオケに行きたくなる」という石井さんの一言から、まずは音楽の話でひと盛り上がり。石井さんが秋葉原の中古CD屋さんを訪れたところ、多くの若者が懐かしい8センチCDを物色していたそうです。さらにそこから、今、かつてのシティーポップが再注目されているという話に。「先週の放送で湘南にお住まいとおっしゃっていましたが、夕方、湘南の海沿いの道をゆっくりと走るときの脳内BGMはシティーポップが似合いそうですね」と石井さんが尋ねたところ、「シティーポップもいいけど、現実は高速で駆け抜けるサイクリストが多いからハードロックのほうがあうかも」と岡田さん。ふたたび湘南名物(?)「黒光りおじさん」の話題で盛り上がりました(笑)。パワー系のサイクリストに遭遇すると、岡田さんもつい負けまいと速く走りたくなるそうで、「これからは脳内BGMをシティーポップに変えて、リラックスして走るようにしたい」と新たな指針を掲げていらっしゃいました。

それから、2年前の出演時に「ミニベロに興味がある」と語られた岡田さんは現在、キャンプにも注目。という話を受けて「今、グラベルロードに適した、タフネスなタイヤを装着したミニベロがあるんです。キャンプ場を走るときには最適ですよ」と石井さんが推薦。

さらに「最新アイテムを知りたい」というご要望にお応えし、疋田さんから「自転車用ドラレコが面白いのでお使いになってみては?」との提案もありました。パソコンでその日の様子を簡単に見ることができるそうです。後ろから撮影した映像もしっかりと見えるそうで、今まで見たことがない、高速で後ずさりする非日常の映像も確認できるのだとか。

詳しくは音声でお楽しみください。

番組ではメールを募集中です。 自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、 サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、 自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、 「忘れられない愛車の思い出」などなど。 cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ