草刈民代さん「タイムスリップするなら、引退公演」その理由とは?

辰巳琢郎の勝手にコンシェルジュ

ゲストは、先週に引き続き

510号室にいらっしゃる、草刈民代さん。

 

ハイアット リージェンシー 東京ベイで最大の広さのお部屋

『チェアマンスイート』で楽しいトーク中です。

 

 

仕事で旅する事が多い草刈さんは、ペレストロイカ前後のロシアなど

決して居心地が良いとは言えない環境でも、

踊るためであればその地へ赴いていらっしゃいました。

 

ロシアでは、食べられない鶏肉を避けるため、

唯一読めたメニュー "ビーフストロガノフ" を食べ続ける事も。

 

日本公演では13年間踊っていたという

サンクトペテルブルクのマールイ劇場への現地公演では、

創作のかぐや姫を踊る機会があり、

1ヶ月半以上も滞在、毎日和食を食べに行っていたそうで...

 

「当時、ロシアで焼きそばって頼むと、日本そばを焼いたものが出てくるんです。

 それに、ソース味がついていて! でも、6週間いて毎日和食だと、

 大したメニューがないから、その ”焼いたそば” を食べてましたよ。

 そのあと、モスクワでも焼きそばっていうと、全く同じものが出てきたので

 ロシアだと、あの焼きそばが定番なのかな?って思うんだけどね(笑)」

 

 

もし、今タイムスリップできるとしたら、2009年の引退公演が良い、と草刈さん。

 

「よく頑張りました、って声かけますね。

 やっぱり踊っていた時は、すごい頑張っていましたし。

 私が踊っていた時代は、バレエ自体も成長していたので、

 自分なりにワールドワイドなバレリーナの経験もしてきて、

 あれ以上は無かったなと思います。」

 

 

引退のきっかけは、自身が思うように体が動かなくなった事。

草刈さん自身は、”バレリーナとして舞台で踊る事は、時期が限られている”と

ずっと思っていらっしゃったのだとか。

 

昨年には、コロナ禍で自粛中に作った動画をきっかけに、

様々なジャンルのダンスを合わせた

"今だからこそ踊れる作品”を作られたそう。

 

「今は今なりの踊りをするような体勢になってるんですね。

 でも、それはバレリーナの時とはぜんぜん違って。

 今の私に振り付けられた踊りなので、今できてる踊りです。」

 

来週も草刈民代さんをお迎えし、お話を伺ってまいります。

 

 

 

【番組からのお知らせ】

この番組の舞台となっているホテル:ハイアット リージェンシー 東京ベイの

ペア宿泊券を抽選で1名の方にプレゼントします。

お部屋は、開放感溢れる人気のお部屋 『リージェンシーテラススイート』!

さらに、朝食、ティータイム、イブニングカクテルをお楽しみ頂ける

クラブラウンジもご利用いただけます。

 

*ご希望の方は、メール(tkc@tbs.co.jp)でご応募ください。

*件名に、『ホテル希望』と明記してください。

*住所・お名前・年齢・電話番号をお忘れなく。

*締め切りは、7月25日(日)。

*当選者の発表は、宿泊チケットの発送をもって代えさせていただきます。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ