小学生でしまなみ海道を走った!俳優の井上祐貴さん

自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信するTBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)

今週の「ポイント オブ サイクルトーク」

俳優の井上祐貴さんをお迎えしました。1996年6月6日生まれの25歳で広島県のご出身。2017年、ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞されます。翌2018年にはミュージカル「ピーターパン」で俳優デビュー。2019年には「ウルトラマンタイガ」でテレビドラマ初主演を果たされ、現在、主演映画「Bittersand(ビターサンド)」が公開中。

そんな乗りに乗っている井上祐貴さん、ふだんは自転車に乗られています。石井さんとは2020年に放送されたテレビ宮崎開局50周年記念のドラマ「ひまわりっ 宮崎レジェンド」で共演。宮崎県でロケが行われたのですが、当時はまだ井上さん、自転車に乗られていなかったそうです。

「もしもあのとき自転車を始めていたら石井さんにたくさんアドバイスが聞けたのに…」と後悔しているのだとか。

井上さんが自転車に乗り始めたきっかけはコロナ。できるだけ電車に乗る機会を減らしたいという思いからサイクリストの道へ。元々お父さんが自転車好きで井上さんにとっても身近な乗り物だったそうです。

お父さんはジャイアントのロードバイクを愛用。小学校高学年のとき、井上さんもジャイアントの子供用スポーツ自転車を買ってもらい親子でしまなみ海道を走ったこともあるそうです。

当時のお写真をスタジオに持ってきてもらったのですが、とてもかっこよくてお似合いだと石井さん、疋田さんも絶賛。ただ当時の井上さんにとってしまなみ海道はかなりきつく、お父さんについていくのが精一杯。もしも今同じようにしまなみを走ったらもっと余裕を持って景色を楽しめるのではと話されていました。

現在の愛車はラレーのカールトン-B。カスタマイズに興味があるらしく、さっそく石井さん、疋田さんにカスタマイズのポイントを熱心に尋ねられていました。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ