シャッキシャキでパンチ力抜群!豚肉のニラロール梅干し絡め!【浜内千波レシピ】

ジェーン・スー 生活は踊る

月曜日の月1レギュラーゲスト、料理研究家の浜内千波先生には、旬の食材を使った、季節のレシピを教えていただいています。今日のテーマは、旬というよりは、私たちの体に今食べていただきたい「ニラ」でした。

疲労回復・スタミナ増強に「ニラ」
ニラというと、「におい」が気になる食材の一つではありますが、この「におい」は「アリシン」と呼ばれる物質。「アリシン」は強い殺菌効果、抗酸化作用があり、免疫力を高めます。また、ビタミンB1(疲労回復)の吸収を高め、糖質をエネルギーに変える力を持つ。つまり、疲労回復やスタミナ増強に役立つんです。梅雨が明けて、暑さで疲れている人も多いのでは?ニラでしっかり栄養を取っていきましょう!ちなみに、ビタミンC、βカロテン(抗酸化作用)、葉酸(貧血予防)他、カリウム、食物繊維も多い。様々な栄養素が含まれています!

見た目で違う「ニラの日持ち・うまみ」
実はニラは、色や形によって日持ちや栄養が変わってくるんです。まずは、葉の部分ができるだけ広いものは・・・一番成り(その年の一番初めに成熟したもの)で強くて長持ち。そして、根本が白くて太いものは・・・うまみや栄養が強いんです!なので、<strong><span style="color: #119214;">「葉の幅が広くて、根元が白くて太いもの」</span></strong>を選ぶのがベスト!!

ニラの栄養を効果的に摂取するには・・・
ポイントは組み合わせです。冒頭でも出てきた「ビタミンB1」が多い食材と組みわせると良いでしょう。例えば…豚肉類・レバー(レバニラには理由があったんです!)また、卵は完全食とも言われていますが、「ビタミンCと食物繊維」が不足しているんです。これをフォローするのが「ニラ」つまりはニラ玉ですね!!レバニラにニラ玉、栄養もしっかり考えられているんですね~。

ニラを調理する際のポイント!
火が入りすぎるとくたっとなってしまうので、調理の最後に入れると栄養素も残りので良いです。「アリシン」は、ニラの根元に一番多く含まれ、甘味も強いので、出来るだけ捨てずに調理しましょう!

夏にぴったり!栄養満点、豚肉のニラロール梅干し絡め! 

▼材料は・・・
豚ロース薄切り肉8枚(130g~150g)、塩コショウ少々、ニラ1束100g、小麦粉 適量、サラダ油 適量、梅干し(塩分8%)2個、酒大さじ3

▼作り方は・・・
①ニラは豚肉の幅にそろえて切る
②豚肉を広げ、塩胡椒して、ニラをまき、しっかり握って小麦粉を薄くはたく。梅干しは、種は取りたたいておく。
③フライパンを温め、サラダ油を入れ、転がしながらこんがりと焼く。
④一度火を止め、梅干しと酒を入れ、再び中火にかけて水分がなくなれば取り出す。
⑤一口大に切り、盛りつけて完成!

スー&長峰「シャッキシャキしてる!小さいのにパンチがある!!美味しい~!!」

<浜内先生からお知らせ!>
浜内先生は「オンライン料理教室」を主催されています。
8月のテーマは「カレー」です!ぜひ「浜内千波 ファミリークッキングスクール」で検索してくださいね!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ