お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


ソーラーシステム付き電動車椅子

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

ソーラーシステム付き電動車椅子

4月1日の人権トゥデイは、
「ソーラーシステム付き電動車椅子」について取り上げました。

まず電動車椅子とは、電気で動く車いすだと思えばいいわけですが、
身体に障害のある人や、お年寄りが利用しています。

電気の充電はコンセントから、
ハンドルやジョイスティックで操作します。
様々なメーカーから三輪のものや四輪のものなど
色々な種類が発売されています。
音も静かで運転も簡単、免許もいりません。

そして、この電動車椅子をもっと使いよいものに改良したのが
「ソーラーシステム付き電動車いす」なんです。
jinken_060401_1

ソーラーシステム付き電動車椅子

ソーラーシステム付き電動車椅子


写真のように電動車椅子に、屋根を付けて、
周りを透明なビニールやプラスチック板で囲み、
車のような形にしました。

そして、屋根にソーラーシステムを取り付け、
太陽の光で動くようにしたんです。

開発した横浜の技術者、山本悌二郎さんに思いついたきっかけを伺うと、
『この電動車椅子は、傘を差してはいけないと言う規則があり、
つまり雨の日は外に出てはいけないと言うことなのか、
外に出ざるを得ないときはどうなるのか、』
と疑問に思い、発明したそうです。

確かに、電動車椅子は、傘を片手で差しながら使用するのは、
危険ということで規則で禁じられています。

危険だからと言うのは「一理」ありますが、
山本さんのご指摘のように、
「雨の日にも出かけなくてはいけない」
という方も実際にいらっしゃるわけですから、困る場合もあります。

そこで山本さんは、6年ほど前に、
電動車椅子に覆いと屋根を付け、雨でも大丈夫なようにしました。

そしてせっかくならと、以前から研究していた
「ソーラーシステム」も取り付けたんです。

実はこの山本さん、長年ソーラーカーなどの研究、開発をしていまして、
ソーラーが付いていない今までの電動車椅子は、
一軒家で庭や玄関そばに電動車いすを置くスペースがあれば、
充電はしやすいですが、団地やマンションだと、何時間もかかる
充電を窓からコードを垂らしておこなうなど大変なんです。

そこで、ソーラーを付けたところ、大好評。
太陽が出ていれば、大体1時間置いておけば、5kmは走れるそうです。

太陽が出ていれば、走行中も充電されますし、
出先でも一休みしている間に充電されます。
また、ハンドル近くにあるメモリで、電気が
どれくらい残ってるかはすぐに分かるようになっています。

1時間置いておけば、5kmは走れる

1時間置いておけば、5kmは走れる


しかし、この「ソーラー電動車いす」山本さんが
手作業で作っているため、数が作れません。

現在までに購入した方は7人。
山本さんの元には「助かった、感謝している」
というお礼の声が届いているそうです。

また、全国から「自分も使いたいので作って欲しい」
という問い合わせが次々と来ているそうです。

また値段が、本体がおよそ30万円の所に、
ソーラーシステムが30万円ぐらいかかってしまうため、
値段を下げるべく、大量生産へ向けて今、活動中だということです。

この山本さん、今年で何と90歳。
しかし、コンセントの電圧の違う海外への進出も考えており、
ソーラーなら出来るとお話しくださいました。
このソーラーシステム付き電動車椅子、もっともっと広がって欲しいですね。