お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


LIXIL presents 「伊集院光とらじおとものづくりと」ものづくり職人#32左官職人「原田左官工業所・中島文夫さん(64)」2016年11月15日(火)

伊集院光とらじおと

人々に愛される逸品。それはどのようにして生まれたのでしょう?「ものづくり大国」ニッポンを支える職人たち、その技と心に迫る「伊集院光とらじおとものづくりと」

ものづくり職人#32 職人歴50年・左官職人「原田左官工業所・中島文夫さん(64)

ものづくり職人#32。職人歴50年・左官職人・中島文夫さん64歳。14歳で家業を継いで左官職人の道に入った中島さんは、40を過ぎた頃、自らの技術の幅を広げるため原田左官工業所に入社。時代とともに移り変わるニーズにこたえ、お客さんの求める壁を作り続けて50年。64歳になった今もなお、新しい素材や技術を取り入れながら、日々、壁を塗り続け、壁にぶつかり、壁と向き合う左官職人です。

伊集院光とらじおと

「ものづくりに必要なこと?”情熱かな”次から次へと新しいものが重なっていくから。休みの日にホームセンターに行くと、これはあの仕事に使ったら面白いんじゃないか?とか、結局仕事のことを考えてしまう。昔は、遊ぶ金欲しくて仕事してたかな(笑)次から次へと新しい要求があるから、絶えずいろいろ考えてなきゃいけない。」

左官職人の仕事は、ベテランだから完璧にできるというものではなく、常に新しい素材や技術、感覚を取り入れなければならない仕事で、今でも若い頃と変わらない新たな達成感があると笑顔で語ってくれた。
伊集院光とらじおと

ラジオでは、AM954kHz、FM90.5MHz、
そしてPCやスマートフォンではradikoでもお聞き頂けます。
是非、お聞きください。

ピックアップ