お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


米大統領選投票日! 行方を見守るワイン業者、出版社!?

森本毅郎 スタンバイ!

森本毅郎・スタンバイ!ロゴ

 

いよいよアメリカ大統領選の投票が始まります。クリントンさん有利といわれつつ、もしかするとトランプさんが・・・というところもあり、政府関係者は注目しているが・・・。ほかにも意外なところに、アメリカ大統領選の行方を見守っている人をみつけました。そこで・・・。「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまる「現場にアタック」!!今日11月8日(火)は、レポーター近堂かおりが『米大統領選投票日! 行方を見守る○○業界!』をテーマに取材しました!

現場にアタック(近堂かおり)

現場にアタックレポーターの近堂かおり

★ワインショップは・・・

意外なところにいた、アメリカ大統領選の行方を見守っている人。それはワインショップの方。東京・港区にあるワインズ東京の代表、竹腰実郎さんにお話を伺いました。

竹腰実郎さん
クリントンさんはご夫婦でワイン好きとして有名なんですけど、特にハートフォードコートという作り手のワインで、ピノ・ノワールというぶどうとシャルドネというぶどうを使ったワインが非常に好きだという話はよく聞きます。だんなさん(ビル・クリントンさん)が大統領の頃も、かなりホワイトハウスでも気に入られたワインではないかと思います。クリントンさんが勝つと、そのワイナリーもこの人気でおそらくセラーにあるものは全部売り切れてしまうのではないかなという感じがします。(トランプさんの方のワインの扱いはないですか?)そうですねえ。トランプさんがワインを飲むという話はあまりこちらには来ていないので分からないんですけども…。ワイン好きな大統領になっていただけるとワイン業界も潤いますので、よろしくお願いします(笑)
クリントン夫妻が愛飲の赤ワイン。ハートフォード・コート ロシアン・リヴァー ピノ・ノワール

クリントン夫妻が愛飲の赤ワイン。ハートフォード・コート ロシアン・リヴァー ピノ・ノワール

クリントン夫妻はワインが大変お好き。特にカリフォルニア州にあるハートフォードコートというワイナリーのワインをホワイトハウスで愛飲していたそう。ここのワインは生産量が少ないため、市場にあまり出回らず、高級レストランなどに直行するそうで、かなりのワイン通でも飲んだことがないという隠れた宝石…らしい。(こちらのお店でも今は品切れ。)ヒラリーさんが大統領になったら、またそのワインが注目されて話題になる(かも)!一方トランプさんは、息子さんが社長を務めるトランプ・ワインが売上げ急増なのだが、ご本人がワイン好きという話は聞かない。実はオバマ大統領もワイン好き。大統領になったときに飲んだ南アフリカ産のスパークリングワインは、日本でも評判になって売れた!なんと今でも人気なんだとか。だから竹腰さんとしてはワイン好きの大統領候補(ヒラリーさん)に勝ってもらえるといいな~ということなのです。

★オバマ演説本の出版社は・・・

ワインショップ以外にも、今日の大統領選に熱視線を送るのは、出版社。実はオバマ大統領が誕生した時には、彼のスピーチが英語学習にいいということで、CD付きの「演説本」がブームになったから。今回の大統領選はどうみているのか?これまで5冊のオバマ演説本を出版してきたコスモピアの田中和也さんのお話。

田中和也さん
オバマさんほどではないんですけど、クリントンさんも1995年の北京での、女性の権利は人間の権利であると主張した演説がすごく有名で、元々、学生のスピーチで注目されていた人なので、一応、クリントンさんが勝った場合は本を出す予定です。(トランプさんが勝った場合は?)出しません。演説本というと、その人になりきって、こんなふうにしゃべれたらなというところが購入の動機になっていると思うので、トランプさんの場合は、真似したくなるような部分がちょっと乏しいかな、と。ドキドキしながら、こちらも大統領選を見守っているような状況です。

トランプさんみたいな英語をしゃべれたらいいな…と思う人って、少なそうですよね。(・・;)だから田中さんはクリントン押し。もし負けたら、準備中のクリントン本はボツになっちゃう!田中さん曰く、オバマさんのスピーチは別格(12月には傑作演説集を出版予定!)。それと比べたらクリントンさんは及ばないけれど、トランプさんよりはいいでしょうと。やはり出版社の多くもクリントン派なのか??
演説本 トランプ

★トランプ演説本もあった!!

ところが、業界の流れに逆らって、トランプさんの演説本を出した出版社がありました。晋遊舎・編集局長の山中進さんに、なぜトランプなのか、伺いました。

山中進さん
日本のマスコミでも世界のマスコミでもトランプさんの暴言や失言をピックアップして報道されているんですけど、じゃあ30分間、1時間の演説で何を言っているのか、全文通して見てもらうと、また違った側面が見えるんじゃないか、と。ただ結論から言うと、やっぱりざっくばらんで暴言は多い人なので、抜き出した言葉は案外まちがっていないんですけど(笑)。全部読んでもそんなに変わりはしないので。ただ、今さらオバマさんの本をやるのもなあというのもあって。(ヒラリーさんにはいかないんですね?)いかないですね。やっぱり話題性に乏しい方なので。いい意味でも、悪い意味でもですけど。

ほかと同じことをやってどうする、通り一遍のトランプ批判では見えないものが演説全文を読み解けば見えてくる! …と思ったら、ほとんど暴言と変わらなかった。しかも、トランプさんのスピーチは、暴言・失言に加えて、ネイティブも聞き取れないぐらいの早口なので、演説本としては異例の「CDなし」となった。いろいろ誤算もあった山中さんだが、それでは今回の選挙をどう見ているのか?

★増刷なるか!?

山中進さん
もしも大統領になってくれたら売れるかもしれないので嬉しいですけど。ただ、日本にとってとか世界にとってどうかとなると、ちょっと違うかなと思いますけど、やっぱり出版社の担当としては、気にはしています。(大統領になったらどうします?)CDは(言葉が)きたないので付けないですけど、違ったかたちで増刷とかもあると思いますし、大統領になった時の演説などもあると思いますので、そちらはまた企画したいと思いますけどね。

山中さん、期待半分という感じで投票を見守るとのことですが、案外、増刷あるかも?!大統領選は、日本時間の明日9日の昼過ぎに大勢が判明する見通しです。さて、どうなりますか。


TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」は月~金6:30-8:30放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「 radiko 」でも
お聞きいただけます!