お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


「回想法」が博物館を生かす

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

「回想法」が博物館を生かす

東京・葛飾区の「郷土と天文の博物館」には、区内にあった
昭和30年代の民家が茶の間だけでなく、トイレや台所、
玄関まで再現されています。
その再現コーナーで「回想法」の教室が開かれました。

再現された民家の茶の間で、思い出を語り合う

再現された民家の茶の間で、思い出を語り合う


昔、自分が体験したことを語り合ったり、懐かしい道具に触れて
昔を思い出す=「回想する」と、脳が活性化します。
「回想法」は認知症の「予防」につながるということで、
葛飾区「シニア活動支援センター」では普及のため、
回想法の教室を2年ほど前から開いています。

普段の教室は区内の公民館や敬老館などで、8人ほどのグループで
体験を語り合ったり、懐かしいおもちゃや食べ物、
写真や映像などに触れたり見たりして思い出しています。

また、思い出す手助けをする「リーダー」を区民ボランティアとして
養成する教室も開いています。
「郷土と天文の博物館」の再現コーナーでもこれまで、
展示物を見て語り合う「回想法教室」を開いていましたが、
1月に開かれた教室は民家にあがりこんだり、道具を触ったり
できるようになりました。

実際に触れることで、よりイメージが大きく湧いて、
どんどん思い出すことが出てくる、という効果を狙ったようです。

今回は3日に渡って行われましたが、宮前景・情報キャスターが
取材した日は、70歳以上の男性2人と女性14人が参加。
5,6人のグループに分かれ、センターの職員やボランティアが
リーダーとなって、昔のことを思い出す手伝いをします。

あるグループは茶の間の薄暗い電球の下、ちゃぶ台を囲み、
「お父さんの座る場所はいつも決まってて、白黒テレビの横だった。
お母さんは必ず台所に近い所に座って、食事中もあれこれ忙しかった」
といった話をしていました。

懐かしい「ミゼット」の前で輪になって

懐かしい「ミゼット」の前で輪になって


また、民家の庭では、洗濯板や物干し竿をさわって
「子供の時は布団が重く感じたね」とか「よくぶらさがって、
竿が折れたよね」といった思い出を話していました。

縁側から茶の間のテレビを見て、「よくご近所のテレビのある家に行って、
こんな風に見てたわよ」と話す方もいました。
博物館に来たからこそ思い出すことも多かったようです。

けん玉やお手玉などを使ったグループもあり、お手玉を手に取ると、
ふっとなつかしい歌が出てくる方もいました。
「私の育ったところでは、ちょっと歌詞が違ったわ」
と話しながら他の人も加わり、最後は合唱になっていました。

教室の感想を聞くと、ある女性は
「若い人と話しても、私たちが暮らしていた時とがらりと違うので、
 また昔の事を言ってるよ、と言われてしまうんです。でもここなら」と話し、

ある男性は
「心のつながりという意味で最高だと思う。我々の年代の方が
 集まって話を展開すると、ピピピッと心が通じてしまうんです」
と話していました。

他にも
「年を取ると家にひきこもりがちになるので、教室があると
 外に出る機会が増えて嬉しい」という方もいました。
おしゃべり仲間ができた人もいるみたいです。

再現された民家の前の宮前景キャスター

再現された民家の前の宮前景キャスター


「回想法教室」では、道具の使い方などについて思い出したのか、
博物館の職員に説明を始めたり、展示品に注文をつける方もいました。

博物館の専門調査員、小峰園子さんは

小峰園子さん
『 自分の体験をそのまま話してくれていると思うんですが、
 時代をすごくよく知ることができます。
 私たちが知らないようなことも知っているので、
 博物館を運営していく中で刺激になる』

と話していました。

小中学校の生徒をはじめ、様々な世代の地域の人がやってくる博物館ですが、
小峰さんは

小峰さん
『 若い方や子供がこういう話を聞くことによって、
 この時代やものに興味を持つきっかけになります。
 私たちも含め、知らないようなことがいろいろわかること自体、
 地域の文化的な財産になるんじゃないかと考えています』

と話していました。

「郷土と天文の博物館」では、この教室もきっかけとなり、
一般のお客さん向けのイベントを企画し、実現に向けて動いています。

昔の人が着ていた服を着たり、昔店頭に並んでいた
レコードが聴けるコーナーなどです。
博物館が地域の大事な交流の場になるかもしれません。

「回想法」は地域の高齢者を元気にするだけでなく、
博物館の有効利用にもヒントを与えてくれるようです。

担当:宮前景