お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


ネット販売で福祉作業所を支援

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

ネット販売で福祉作業所を支援

FUKUSAKUの広告

FUKUSAKUの広告


障害をもった人が働く「福祉作業所」の商品が買える「ネットショップ」が
去年の11月、東京の調布市に誕生しました。名前は「FUKUSAKU」。
福祉の「福」と作業所の「作」を合わせました。
「福が咲く」という意味も込められています。

運営しているのは調布市の「ビジネスコンピューターサービス合同会社」。
代表の今泉兼親さんは大手メーカーに勤めていましたが、
「ITを必要としている地域の中小企業を支援したい」と起業しました。
「FUKUSAKU」について今泉さんは

今泉さん
『 障害者自立支援法の施行で、障害者にも負担が
 求められるようになりましたが、
 作業所の商品の販路が広げるのが難しく、
 作業所の経営が苦しくなると言う現状を
 テレビ番組で知ったのがきっかけです』

と話します。

取材した今年1月の時点では、「FUKUSAKU」には今泉さんの呼びかけに
こたえた市内の6つの福祉作業所の17の商品が出品されています。

ショップの実務を担当している今泉利恵子さんのお勧めの一つは
「かぼちゃプリン」。
「生産性や日持ちを重視しないからこそ美味しいんです」と話します。
また「ネックレス」や「メガネ紐」も手作りで丁寧に作っていて
「すごく良いものです」と話していました。

他にケーキやアクセサリー、バッグなど、パソコンでショップの
ページを見てみると、どれも写真入りで、写真からクリックしていけば
簡単に注文できるようになっています。

インタビューに答える(左から)今泉利恵子さん、今泉兼親さん、亀田良一郎さん=「しごと場だいすき」で。

インタビューに答える(左から)今泉利恵子さん、今泉兼親さん、亀田良一郎さん=「しごと場だいすき」で。


「FUKUSAKU」に出品している小規模通所授産施設
「しごと場大好き」の施設長、亀田良一郎さんに
生駒佑人記者が話を聞きましたが、亀田さんは
「販路を広げて収入を増やすために、ネット販売自体はやりたい
 とは思っていましたが、色々あって、行動をとれずにいたんです」
と話します。

11人の障害者が働く「しごと場大好き」の職員は4人。
普段の仕事で手一杯なうえ、ブログを書くことならできても、
「ネットを仕事で使う」だけの知識はなく、
ネットショップの運営は難しかったようです。
そこに今泉さんが声をかけたということで、
メガネ紐や花瓶などを出品しています。

また、「しごと場大好き」を運営する社会福祉法人「調布を耕す会」は
近くに10人の障害者が働く喫茶「カフェ大好き」も開いています。
こちらは、カフェで出している「かぼちゃプリン」や
「シフォンケーキ」を「FUKUSAKU」に出品しています。

ケーキなどはカフェで毎日販売していますが、組み紐や陶芸製品などは、
福祉ショップに置かせてもらったり、年に何度か、調布市内で
バザーを開いて売るぐらいだったということで、
ネットショップには期待がかかっています。

今泉さんの話では、ショップのページへのアクセス数は
毎月着実に増えていて、これからは携帯サイトからの販売も計画したり、
調布市にも協力を求めて行きますということでした。

また、「しごと場大好き」の亀田さんは

亀田さん
『 ネットショップにリンクを張ってもらっていて、
 それぞれの作業所のホームページが見れるようになっています。
 直接買ってもらわなくて もちろん売り上げも伸びてほしいんですが
 まずは、福祉作業所とはどういう場所なのか?
 障害者がどういう風に働いているのか?といったことを
 知ることにもつながるのではないか』

と考えているようです。

調布だけでなく、全国各地の様々な福祉作業所では、
障害を持った人が毎日真剣に様々なものを作って働いています。
ネットショップはその存在に目を向けたり、
「障害者の自立」を考えてもらうきっかけにもなりそうです。

担当:生駒佑人

<関連情報・お問い合わせ先>
社会福祉法人「調布を耕す会」
http://www.tagayasukai.com/