お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


ガス

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日は、暮らしを支える「ガス」に関するお話し。           
きょうは「ガス記念日」。1872年、明治5年のきょう、横浜の馬車道で日本初のガス灯が点灯されたことを記念して制定されました。ガスの炎を利用した灯り「ガス灯」を発明したのは、イギリス人のウィリアム・マードックです。1792年に石炭から得たガスの炎で、自分の家を照らしました。この実験の成功によって照明用のガス利用が発展していきます。

イギリスでの発明から、80年後。日本に初めて導入されたガス灯。東京ガスのホームページによりますと、当時のガス灯は、黄色い炎が燃えているだけで今の電球だと15ワットくらいの明るさしかありませんでした。しかし、当時はちょうちんを持たなければ暗くて外が歩けなかったので、遠くから見物人が大勢集まり、お祭り騒ぎになったそうです。

「ガス」という、大気以外の気体の存在に気が付いたのは、ベルギーの化学者・ヘルモント。「ガス」の名付け親です。ドイツ語で「霊」や「精気」の意味がある「ガイスト」から名付けたという説もあります。霊のように姿は見えないところから、思いついたのかもしれません。

1600年に見つかったと言われるガス。今後はどのように発展していくのでしょうか。天然ガスは、燃やしたときに出る二酸化炭素の量が、石油や石炭などの化石燃料に比べると少ないのが特徴で、 環境に優しいクリーンなエネルギーとして期待されています。現在、ガス田以外から産出されるシェールガス、タイトサンドガスなどの「非・在来型ガス」の開発が、北米で進んでいそうです。私達の知らない所で、新しい資源の開発が世界で進んでいるんですね。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。